夏の冷房でむくみが悪化! むくみ対策にいいとされている食べ物5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2014.07.08.Tue

外は暑いのに電車の中は冷房がガンガンに効いていたり、会社の中では男性社員の体感温度に合わせて冷房を設定されることが多いので、女子は冷房による冷えとむくみが夏の悩みだったりしますよね。冷えるとむくむし、むくむと脚を動かしにくくなって悪循環。
脚が太くなる原因にもなるむくみとはなるべく無縁でいたいもの。夏のむくみは特に冷たいものを飲み過ぎたり食べ過ぎたりして水分と塩分の過剰摂取でむくんだり、冷えて血行が悪くなるのがむくみの原因とされています。
環境はなかなか変えられませんが、むくみにいいとされる食べ物を食生活に取り入れてむくみ対策をしましょう。
食べ物の栄養素としてむくみに効果的だとされているのは、利尿作用のある「カリウム」、代謝を改善する「ビタミンB群」、「クエン」などが入ったものです。むくみ対策に効果的だと言われている食べ物、飲み物の中でも夏の冷え対策にいい、カラダを冷やしにくい食材を集めてみました。

ハトムギ

漢方薬では「ヨクイニン」とも呼ばれるハトムギ。イボトリを含め、免疫力をあげることによってさまざまな不調を改善したり美白、美肌効果などが有名ですが、カラダの余分な水分を排泄してくれる効果があると言われています。ただ強制的に水分を排出するのではなく、腎臓の機能を整えてくれるからむくみにいいようです。必要な水分まで出してしまうことがないというのがハトムギのすばらしいところ。
それではいわゆる麦茶でもいいのかと思いますが、麦は麦でも別物。普通に売っている麦茶はハトムギを使っていないものが多いので注意しましょう。

豚肉

代謝を良くしてくれるビタミンB群が豊富。同じくビタミンB群が豊富なごまを使って、ごまダレのしゃぶしゃぶなどもいいですね。

ナッツ

カリウムが豊富です。美容にもいいとされている食材ですね。ただ、カロリーが高いのと塩分が多いものがあるので、食塩不使用のものを選んで食べ過ぎないようにしましょう。

あさり

カリウムと、ビタミンB群が豊富な食材。お味噌汁や酒蒸しなど簡単な料理も多いですし、パスタを選ぶときにボンゴレにしてみるなど取り入れやすいですね。

大豆や小豆

豆類は利尿作用が高いとされています。スィーツをどうしても食べたいときは、小豆を使ったものや暖かいお汁粉を選ぶのも手。小豆茶なども市販されているので、コーヒーや紅茶の代わりに小豆茶に替えたりしてみるのもいいでしょう。コーヒーを飲む際に牛乳ではなく豆乳にしてみたりするのもいいかもしれません。

体質や体調などによって、ハトムギが効く場合と豆類の方が効く場合など個人差があるようです。薬ではないので、自分に合う食材が見つかってむくみとうまく付き合っていけるといいですよね。
また、塩分の摂り過ぎを見直してみることも大事です。お菓子などは糖分だけではなく塩分が多いものもありますし、外食やレトルト食品が多い生活が続いているのであれば、自炊を心がけてみるとむくみが良くなるかもしれませんね。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere
Facebook https://www.facebook.com/fumina29

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子