好きな人との絆が強くなった? コロナが私たちに与えた影響 Googirlアンケート調査【後編】

2020.12.31

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

2020年はどんな1年でしたか? 今年は本当に「まさかこんなことになるなんて……」と思うことばかりの1年だったのではないでしょうか。
今回も前回に引き続き、コロナの影響により変化したことをご紹介していきます!

コロナが私たちに与えた影響

休校になったせいで…

「息子が無事大学生になったけれど、なかなか大学が始まらず一日中家にいて、朝昼晩まで食事の世話をしていた。一人の時間が全くなくなった……。
徐々に自粛が明けていったけど、大学だけは始まらず……。授業料の振込用紙だけ送られてきました」(40 – 49歳・フリーター・アルバイト)

▽ 自粛期間中は子どもが学校に行けず、毎日が夏休み状態になってお母さんは本当に大変でしたよね……。毎日三食きっちり作るなんて食費もかかりますし。
息子さんも大学生になったなら、自分の食事くらい自分でつくってほしいものです!

無職の彼氏との温度差

「私はコロナで収入が減ってギリギリの生活なのですが、目の前にいる彼は今日も『コロナってそんなやべーの?』と言っています。そんな同棲中の彼氏が働かないまま1年を終えようとしている……。無職歴3年になります」(35 – 39歳・会社員)

▽ 自粛などの影響により、収入が減った人はたくさんいますが、無職の彼には関係のない話……。コロナの危機感の違いにより、ケンカするカップルは多いですが、無職となるとさらにイライラ度が増しますね。今後の関係を考え直してもいいかもしれません。
悪い変化ばかりをもたらしたコロナですが、その中で小さな幸せを見つけた人もいるようですよ。

動画配信サイトの沼

「自粛で時間ができたおかげで、たくさんの動画を見ることができたから。心ゆくままに動画を見ることができたので、ハマりにくいタイプの私でも新たに2つのチャンネルの沼にハマることができた!」(20 – 24歳・大学生)

▽ ステイホーム中、いろんな動画を見て楽しんでいた人も多いですよね。家にいることで新しい楽しみを見つけることができたようです!

ゲームでのコミュニティができた

「コロナ禍で自宅にいる時間が増えた結果、ゲーム内の人間関係が充実した。ほとんど外出をしなくなったけど、そのおかげでゲーム内の人間関係がとても濃密になって大切な人が増えた」(20 – 24歳・その他)

▽ 友達と飲み会はできなくなったけれど、ゲーム内でのコミュニティができたという人も。実際に会わなくても、つながっていられる関係って癒やされますよね。

好きな人との絆が強くなった

「コロナで人と会えない1年でしたが、好きな人とLINE電話でたくさん話せたし、いろいろな気持ちを分かち合えた。楽しみにしていたことが全部なくなってしまったとき、必ず連絡をして元気づけてくれました」(35 – 39歳・その他)

▽ 直接会えなくても、今は顔を見て話すことだってできますよね。会えないからこそ、相手の気持ちに寄り添って絆を深めた人も。
別れてしまったカップルも多いですが、相手の大切さを再確認した人も多いようですね。

どんなに悪いことばかりでも、小さな幸せを見つけて大切にしていきたいものです。来年は一体どんな年になるでしょうか? 早くコロナが終息し、当たり前の日々を過ごせることを祈ります!

▽ 前回の記事はコチラ

2020.12.31

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

原桃子

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介