結婚する前に恋人と話しておきたいこと5つ【第2弾】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2017.12.25.Mon

かねてより付き合っていた恋人とめでたく婚約し、これから結婚式の準備をスタートするというあなた。でも結婚式の準備よりももっと大切なことを恋人と話し合う必要があるのでは?
前回に引き続き、今回もそんな、結婚する前に恋人と話しておきたいことあるあるをまとめてみました。

30年後の未来

会社の面接のようではあるものの、2人の今後について明確なビジョンがあったほうが安心ではないでしょうか? 彼が30年後の自分たちがどのようになっていると想像しているのか尋ねてみましょう。
もちろん、あなた自身も30年後のビジョンを話せるようにしておいたほうがいいです。将来の話を2人ですることでより絆も深まるはずです。

家のルール

結婚してから一緒に暮らし始める人たちにとって、家のルールを前もって決めておくことは重要。掃除や洗濯、ゴミ出し、食事の担当からお金の管理、さらにはケンカをした日には絶対に仲直りしてからベッドに行くことなどなどたくさんの決め事を話し合っておく必要がアリます。

2人ですごす時間について

一緒に暮らし始めたからといって、なにもつねに一緒に何かをしなければならないわけではありません。仕事から帰ってきて1時間は絶対に本を読みたいとか、30分間ヨガや瞑想を欠かしたくないというあなたは事前に彼にそういった時間が必要であることを伝えておきましょう。
また彼の方にもどれくらい趣味に時間を使いたいのかをあらかじめ聞いておくことで、一緒に暮らし始めてから上手に時間を使えるようになるはずです。

子どもについて

子どもが欲しいかほしくないか、また欲しい場合は何人ほしいのかも事前に話し合っておくほうがよいでしょう。意外と結婚してから実は子どもがそれほど欲しくないとパートナーに言われてしまい、それが原因で破局ということも多いのです。
あなたとパートナー、それぞれに人生計画があるでしょう。結婚してすぐに子どもが欲しいあなたに対して、パートナーは5年間は2人の時間を楽しみたいと思っているかもしれません。子どもを作るタイミングについて恋人と話しておくようにしましょう。

お金の管理について

あなたとパートナー、どちらの方がお金の管理が得意ですか? もしどちらかが自信をもって得意だと言える場合、その一方にお願いしたほうが上手に貯蓄することができます。
しかしお互いに自分のお金は自分で管理したいという場合には、共通の銀行口座を作り、毎月決まった額をそれぞれ振り込む。そこから生活費が引き落とされていくという体制をとり、結婚してからもそれぞれのお金を自分で管理するという方法をとるのもおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。