イラストレーターむらたさきさんが作る「寝相アート」が可愛すぎる!!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
渡辺早織

Written by:

2014.07.10.Thu

こんにちは、そばよりうどん派な、渡辺早織(@w_saori)です。

最近話題になっている、「寝相アート」。
みなさん知っていますか??
寝相アートとは、赤ちゃんの寝相の形を生かして演出する面白い写真のこと。

今回は、その寝相アートでひときわセンスを発揮している、絶賛育児中のイラストレーターのむらたさきさん。
独自の優しいイラストのようにあたたかく、心が和むような寝相アートの数々を見せてもらいぜひお話を聞かせてもらいたいと今回インタビューをさせてもらいました!!

また育児論を聞かせてもらってとても立派なお母さんなんだなぁと、とてもためになることばかり。
チャーミングな富山弁にもほっこり。
ぜひぜひチェックしてくださいね!
それではスタート!

そもそも寝相アートを始めたきっかけは?

むらたさき:寝相アートは前からやってみたかったんだけど、あれって周りを飾り付けられるように、広いスペースがないとだめで、ちょうど良いスペースにいい感じに寝てくれてたから今日やりどきだなぁと思って。それではじめたのがきっかけ。

では、さっそくそのアートの数々を一挙公開です!
そして、気になるその具体的な作り方を詳しく聞かせてもらいました。

むらたさき:これが一番最初に作ったもの。きのこのブランケットと、棒はフェルトの原毛。あとはワンピースとタオルで作ったよ。市販の平べったい形が作られたフェルトとはちがい、丸めたり、厚みを出したり、針で刺して形を作っていけるもので、それが家にあったから置いてみた。

渡辺:フェルトの原毛って売ってるの?

むらたさき:うん、手芸屋さんで売ってる

むらたさき:ちなみにこの髪の毛もフェルトの原毛。青い服はわたしの古着のワンピース。

むらたさき:この黄色い太陽はTシャツで、日差しはえんぴつとかクレヨンとか色えんぴつ。葉っぱは育ててるエアプラントとかの本当の葉っぱとかクレヨンとか。地面はバスタオル。背中にしょってるのはかごなんだけど、IKEAのおもちゃのおままごとの野菜カゴ。

渡辺:個人的にはこれがみんなでピクニックにいっているみたいですごくお気に入り。

むらたさき:これは普段つかっているおもちゃとかぬいぐるみを使っとるよ。

渡辺:誕生日の寝相アートもすごく凝っていてかわいい!

むらたさき:これはガーランドを知り合いが作っとって部屋にも飾ってあるんだけどその残り。王冠はフェルトで作っとって、お誕生日会しようと思ってそのために作ったんやけど、寝たからせっかくなのでかぶせてみた! ケーキはタオルにボタンとか色鉛筆をのせて、あとは刺繍糸をのせとる。たまにクレヨンがはいっとるよ。置いてあるものは、普段使ってるおもちゃとかぬいぐるみとか。下のぼんぼんは、使わなくなったカゴバッグについとったものを外して保管してあったもの。

すごくかわいらしい世界観で見ると思わず声が出ちゃうほど。ちなみに、参考にしているものはあるの?

むらたさき:ほかの人の作品を見て作るネタを探す~ということはしとらんくて、あたまの中で考えたものを作っとる。

どういう風に頭の中で描くの?

むらたさき:その日の寝相で「これだったらこういうのじゃない?」とかで考えたりとか。誕生日のは前から作りたくて、でもアートを作りやすい寝相で寝てくれてなくて作れんかったんだけど。寝相や季節に合わせて考えたりするのも楽しい。家の中の布や小物を使いつつ、絵本の中のような、色味や世界観を大切にしとる。寝相アートの中で、寝とる子どもが絵本の主人公になっとるような感じで。

寝ているところを起こしちゃったりとか大変なことはある?

むらたさき:大変じゃないけど作っとったのにゴロっとか寝返りして細かいパーツがぐちゃってなったりとか、起きとると食べちゃって怖いボタンとかをハラハラしながら置いたりとか、起きたらどうしようって(笑)。まだ何でも口に入れちゃうので、小さなボタンなどのパーツは起きとるときには誤飲が怖いので細心の注意を払っとる。起こさないように、物音をたてないように、忍者のようにそーっとそーっと(笑)。基本的には本人の顔周りにはものを乗せたりせんよ。睡眠は成長に大事らしいからね。母ちゃんがそれ妨げとったらいかんよね。

どのくらい時間かかるの?

むらたさき:15分くらいでパッとやる。

渡辺:すごい! 思ったよりかなりスピーディ。

頭の中で構想を決めてから取り組むのがいいようです。

これから寝相アートを始めようとしている方にアドバイスをいただけますか?

むらたさき:いろんな可愛い柄の布やタオルとか、家にあるものを使うだけでから全然難しく考えずに始められると思う。子どもがいて、寝た時に今まで家事をやったりとか、仕事をやったりとかそれでこう時間を使っとったけど、寝とるときの子どもの姿を写真に撮ったりとかってどんどんせんくなっていくし、(寝相アートをやっていることで)「こんなに大きくなったんだ」と思う時もあるし。こうおもちゃと隣に並べてみて昔はこうだったのにとか、そういう楽しみもあったりでとても大切な記録になる。

確かに思い出を残して記録していくという観点で考えるとすごく意味のあるものですね。

むらたさき:たとえばその季節のものをからめた寝相アートでカレンダーを作ったりとか、ポストカードにしたりとか、違う楽しみがどんどん増えて、いいんじゃないかなぁと。ポストカードを送るような感覚で、友達にそれで手紙を書いたりとかもいいかなぁ~と。友だちが寝相アートの写真を見せてくれたり、手紙を添えて送ってくれたりするとうれしいもんなぁ。作ったものが誰に対しても使えるっていうのも寝相アートのいいところだと思う。

年賀状の子どもの写真を寝相アートにするのとか、いいですよね。では、これからどういう寝相アートを作りたい?

むらたさき:今の季節だと夏のイメージするようなものを作ったり、あとは動物がすごい好きだから動物も絡めたような作れたらいいなぁって。サファリ的な感じのとか。

渡辺:次回作も楽しみ!

ちなみにむらたさきさんの寝相アートはオフィシャルブログでも見られるので気になる人は是非チェックしてみてください!
オフィシャルブログ

最後に、寝相アート以外にも育児を楽しむために心がけてることは?

むらたさき:なるべく一緒に遊ぶようにしとる。一緒にブロックしたりとか絵本読んだりとか。この時期って一生に一度しかないし、あっという間に大きくなってくから一緒に何かするっていうのは心がけとって。昼寝の間に家のことをやっとかんとっていう気持ちになりがちやけど、どうしても疲れた時は一緒に昼寝するとか(笑)、「こうせんとああせんと」と思うと、今度は逆にそれができんことに焦ったり、「もう~早く着替えてよ」となってしまう悪循環に…。でもそれって大人の都合やんね。どこかに行きたい! 電車に間に合わない! と焦るから早く着替えてほしいと思うわけで、本人はそう思ってないからね。っていうのを忘れんようにせんとなぁとは思う。
あとはもうちょっと大きくなったら一緒にものを作ったりとか絵を描いたりとかできたらなと思う。
私は、小さい時に自分の親が粘土をさせてくれたりとか、古いおしいれの壁紙をもう張り替えるから絵を描いていいよとかそういうことをさせてもらったから、自分も子どもにのびのびといろいろなものを作れるような環境にあったらいいなぁと思って。それをまた飾ったり記録したりできるし絵とかもさ子どもの絵って独特やん。今描けって言われたら描けれんし、それを残してあげられるように。
あと、もう少し先になるけれど、いっしょに旅もしたいなぁ~。いろんな風景を見て、人に会って、食べものを食べて、夜行列車に乗って移動したり、合間合間に絵日記を描いて交換してみたり……。したいなぁと野望はふくらむ~(笑)!!
まぁ母ちゃんは絵を描くのすきやけど、本人はそんなことよりも外を駆けまわる方がすきになるかもしれんからどうなるかわからんけど~(笑)。

*******

話をしてくれている時も、横にいる子どもの目線でいつも会話をしてあげて子どもが喜んだら一緒に喜んで同じジェスチャーをして……。
親と子どもの関係というより、一緒に遊んでいると思わされるような、そんなところがとても印象的でした。

そして常に子どもが一番の姿勢には学ぶところばかり。
こうやっていつも心穏やかに子育てをするのって、誰しも憧れるけどなかなか難しいと勝手なイメージがありましたが、やはりそれは母親主体か子ども主体かで考えているというところにヒントがあるのかもしれません。

一番感じたのは、子どもの時に創造力を高めてあげることがいかに大切か。
ということをすごく目の当たりにしました。
大人になってクリエイティブな脳を作る大きなきっかけにもなるし、そういう意味でも、子育ての忙しさに追われずに親こそが子どもごころを持って子どもとふれあっていくということが、実はとてもその子にとっても親にとっても良いんだろうなぁ。
だから、寝相アートはただの趣味という枠にとどまらずに生活を豊かにしていく重要なエッセンスになる。

そのことを、教えてもらいました。

インタビュー、ご協力ありがとうございました!!

むらたさき
イラストレーター
やさしいタッチのハートウォーミングなイラストが特徴。
ベネッセ「ひよこクラブ」にて絵日記育児連載中。
ファッション、イラスト、結婚、出産など、ライフスタイルを綴った書籍「smile note」が発売中。(学研パブリッシング)

オフィシャルホームページ
オフィシャルブログ
オフィシャルTwitter

エコバッグやiPhoneケースなど、オリジナルグッズも発売中。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

渡辺早織

女優、モデル
1988年1月19日生まれ 東京都出身
趣味 ジョギング、料理、旅行
★日テレ『ZIP!』レギュラー出演中!
★Calbee じゃがビーCM出演中!
★クロレッツ CM出演中!
《略歴》
第5回ミスTGCグランプリ受賞
集英社『non-no』にてノンノフレンド、ノンノ専属モデルを経て、資生堂THE GINZAイメージモデルなどをつとめる
ホンダカーズ中部CMキャラクターなど映画やCM等に多数出演
4/10(木)スタート ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)レギュラー出演中
facebook:渡辺早織 / Watanabe Saori
ツイッター:@w_saori