身長が低くて悩むおしゃれ、ミニマムさんでもスタイル良く着こなしたい!

2014.10.17

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

低い身長をカバーするための服装に悩む低身長な女子は、とても多いはずです。最近では、身長が低いモデルもの方も増えてきたので、おしゃれの見本も増えましたよね。そんなモデルの人たちでも心掛けている、スタイル良く見えるおしゃれをぜひ真似して、スタイルをカバーしたいですね!

小さい事をカバーするのか大きくみせるのか

背が低いとついつい体を大きく見せるために、分厚いソールの靴を履いたり、帽子をかぶったりと、体系をカバーする人も多いかもしれません。しかし分厚いソールを履いていても、見た目的に体のバランスが悪くなったり、帽子の種類でも頭でっかちな状態になったり、なかなか難しいものです。体を大きく見せるよりも、小さい体をカバーしながらも、スタイル良く見せられれば、小さいながらのおしゃれを楽しめるはずです。小さい事を味方にスタイルの良いおしゃれを楽しみましょう。

背が低い事のデメリット

全体的に身長が高い人と比べて、腕が短い、足が短い、全体的に短く見えることで頭がでっかく見えてしまったり、普通体系でもちょっと太って見えてしまうのがデメリットとなっています。このことで悩んでいる小さい女性も多いと思います。普通の洋服屋さんに行っても、7分丈は長袖やロングパンツになってしまったり、ロングワンピなんて引きずってしまいますよね。またフリーサイズの服などは、洋服に着られちゃっているようになり、子どもっぽく見えてしまうことも。このデメリットをどうにかメリットに変えることでおしゃれを楽しめるはずです。

体の大きさを考えてみる

背が低い場合は、自分の体の大きさを考える必要があります。小さいからと言って、だぶだぶな大き目の服、フリルがたっぷりついた服は、体を大きく見せる前に太って見えるだけになってしまうので要注意です。
なるべく縦のラインを意識して、スラリと見せることで、身長が低い事をカバーすることができます。横よりも、縦。そのため、体に合っていないブラウスやTシャツもなるべく体にぴったり合ったもの、パンツもボーイフレンドパンツよりも、ストレッチパンツの方が縦のラインを引き出せます。

見た目を軽く、目線を上の方に

見た目は重たい印象よりも、軽い印象の方がスリムにスラリと見せることができます。重たい印象になると、余計に横幅が際立ち、太って見えてしまうことも。暖かい季節なら、パンツをはいた時には、足首を見せるように、裾を折り上げたり、首元は大きく開けて首を長く見せるなどの工夫が効果的です。寒い季節なら上半身にストールや帽子を取り入れて、重心を上に持っていき、下は短パンやスリムなパンツを持ってくれば、太って見えにくくなります。目線が上に行くことで、身長の低さがカバーされるのでおしゃれのポイントとして重要になってきますよ。

2014.10.17

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。 体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。 休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介