夏服にプラスするだけ! 暑さを我慢せずに秋のオシャレを楽しむ方法

2013.09.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

9月に入り、朝晩は若干涼しくなってきたものの、まだまだ日中は残暑が厳しい日々。そろそろ夏全開の服装は避けたいなと思いつつも、さすがにまだ秋服を着る気にはなれないという方も多いのではないでしょうか? 装いは夏のままでも、秋っぽいものをポイント的に取り入れるだけで、暑さを回避しつつ秋のオシャレを楽しむことは可能。この時期から取り入れられる、秋物の上手な使い方をご紹介します。

脱サンダル

オシャレは足元から、なんてよく言いますが、9月に入ってからのサンダルは季節外れ感満載。まずはサンダルを封印しましょう。サンダルをパンプスに替えるだけでも十分ですが、秋冬らしくツイード素材のものを取り入れたり、ブーティーにしてみるとより一層秋感が強まります。スニーカーなら、流行の内ボアつきにしてみるのもオススメ。暑い日であっても、靴だけ秋冬仕様ならば、体感的にそれほど苦じゃないはず。

ニット帽を投入

最近は夏でもニット帽を被ることも多いですが、やはりかなり暑いですし、見た目にも暑そうですよね。でも、9月になれば暑そうな感じも若干薄らぎます。Tシャツにショーパン、ワンピースなどの夏服のままであっても、ニット帽を加えるだけで一気に秋っぽくなれる便利アイテム。

ストール

こちらも、夏のままのファッションにプラスするだけで秋っぽくなれます。例え巻かなくても、手に持っている、鞄に引っ掛けているだけで、トータルバランスとして秋風に見えやすくなりますよ。ストールは、マフラーや冷房対策など、年中通して使えるアイテムですので、種類を揃えておくと何かと重宝します。今年はチェック柄に注目。幅の広い大判のものを選ぶと、使い勝手も良いのでオススメです。

メイク

洋服や小物が夏仕様であっても、メイクを秋っぽくチェンジするだけで雰囲気は変えられます。今年は特にボルドー・パープル・カーキが注目カラーになっているので、まずはアイシャドウなどから取り入れてみては?
また、ネイルを秋色に変えるのも手っ取り早く秋を感じられる方法。メイクだけなら、暑くても差しさわりがありませんので、今すぐにでもチャレンジできます。

洋服を長袖にしたり秋冬素材に変えるのはまだ早くても、靴や鞄などの素材感を変えると、グッと秋っぽいファッションに近づけます。ファッションに我慢はつきもの、とは言いますが、汗ダクになりながら秋物を着る必要なんてありません。大人女子なら、苦しまずに季節感を先取りましょう。

2013.09.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

イトウウミ

Written by イトウウミ

健気に生きるOVER30。 読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。 将来の夢は、ご長寿日本一になる事。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介