海外の恋愛エキスパートが伝授! ベッドでのセクシートークのヒント6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2018.08.29.Wed

ベッドでも堂々と振舞える女性ってカッコいいですよね、ひたすらダンマリになるのではなく、彼とのセックスを盛り上げるようなトークができればなおさらです。
ではどうすればそんな女になれるのか、海外の恋愛エキスパートによるベッドでのセクシートークのヒントをご紹介します!

ベッドでのセクシートークのヒント6つ

1. いつもより声のトーンを下げて話す

日本の女性は平均的に声のトーンが高いと言われていますが、セクシームードを出したいなら、声のトーンを下げて低い声で囁くように話すのが効果的です。いつもより気だるい感じで、ゆっくり話すとさらにセクシー度もアップします!

2. 最初はまずシンプルに、彼にして欲しいことを口に出してみる

セクシートークと言っても何を話せばいいのかまるっきり分からないという人は、とりあえず彼にして欲しいことを口に出すことから始めてみましょう。
「ゆっくり服を脱がせて」「背中にたくさんキスをして」などなど彼の動きをリードするような発言を繰り返すうちにふたりのロマンティックな気分もどんどん高まってゆくでしょう。

3. 彼のルックスやボディーパーツを褒めるようにする

セックスという極めて親密な行為に及ぼうとしている時こそ、パートナーからの褒め言葉は大きなパワーになります。「カッコイイ!」「あなたの肩って本当に逞しいわ」などルックスやボディパーツを積極的に褒めてゆきましょう。お互いこんな風に相手のチャームポイントを認め合えるカップルは本当に素敵です!

4. 官能小説やエロティックなマンガの一部を声に出して読んでみる

いざ彼とベッドインすると頭が空っぽになってしまう、という人は、ムリに自分で言葉を考え出そうとしないで、プロの手による官能小説やエロティックなマンガの一部を声に出して読んでみるというのもアリです。
ゼッタイに自分では考えつかないような大胆な表現、言葉の選び方、そうしたものを学んでゆけることでしょう。そんなふうに言葉や表現のストックをまずは自分のなかにたくさん作っておくと、ベッドでも自信が持てます。

5. ボディランゲージにも十分注意を払う

セクシートークと言っても、ふたりはベッドのなかで腕や指を絡み合わせているような密接な距離にあるのです。そんな時は言葉だけでなく、もちろん相手のボディランゲージにも十分注意を払うようにしましょう。
きちんとアイコンタクトをしているか、焦ったり緊張していないか、相手のペースと距離感をきちんと考えられる余裕も大切です。

6. いつもとは違う自分、人格になったと割り切って思いっきり大胆にふるまう

せっかく彼といるのに、いつもの自分から抜け出せない、変われないという気持ちを抱いているようだったら、ベッドでは大胆な女に変身してやろうという気持ちで臨んでみましょう。ベッドだけで彼にしか見せない姿があってもいいと思いませんか?
きっと彼もいつものあなたとのギャップが、最高にたまらない魅力に感じられることでしょう。

▽ 参考記事(海外サイト):How to talk dirty... without feeling daft: Sex expert Tracey Cox reveals EXACTLY what to say to spice things up between the sheets

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。