欲情を高める !? 5つの魅惑の食べ物

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.09.22.Fri

スッポンやウナギなどは昔から「精力剤」として知られていますが、そのほかにも体内の内分泌器、循環器、ホルモンなどに影響を与える栄養素は多く存在するってご存知ですか? 今回は欲情を高めるかもしれない!? 魅惑の食べ物をご紹介していきます!

1. イチジク

見た目にもセクシーなフルーツ、イチジクはベッドイン前にぜひ食べたい食べ物の一つ。イチジクにはホルモン分泌に欠かせないマグネシウムと、血行を促進するアミノ酸が豊富に含まれています。また、マグネシウムはストレスに強いミネラルともいわれ、リラックス効果があるため、快適なムード作りにも効果的です。ワインとの相性も抜群なので、ロマンチックな夜を過ごすのにぴったりなフルーツです。

2. サーモン

オメガ3脂肪酸は血流をよくし、また気分をリラックスさせる効果があるといわれています。体内の血液循環は性欲と性器に大きな影響を与えており、健康的な血流環境のある人は身体的な性的興奮が感じやすい傾向にあることがわかっています。また、米国での研究によると、オメガ3脂肪酸を摂取することにより精子の質がよくなるという研究結果が報告されています。

3. アスパラガス

アスパラガスはフランス語で“ASPERGE”。実は男性の性器を指す隠語としての意味もあります。そんなアスパラガスに含まれる葉酸はオーガズムと深い関わりのあるヒスタミンの分泌を促進します。アスパラガスを食べることで血行が促進され、性器への血流が増えることで男女ともオーガズムに達しやすくなる効果が。また、アスパラガスに含まれるビタミンB6と葉酸は、性的興奮を高める働きがあるといわれています。ビタミンEは、テストストロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌を促す効果を発揮します。

4. 唐辛子

唐辛子に含まれるカプサイシンは神経を刺激し、男性ホルモンの分泌を促す作用があるといわれています。さらに、血流をよくする働きがあるため、性的な興奮を高める効果が期待できます。また、唐辛子は脳内麻薬と呼ばれるエンドロフィンの分泌を促し恋愛時の高揚感を生み出す作用があるといわれているので、ベッドイン前に唐辛子を食べればいつもよりさらに刺激的な夜が過ごせるかも!?

5. ダークチョコレート

ダークチョコレートにはフェニルエチルアミンと呼ばれる成分が含まれていて、脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィンを分泌する作用があります。エンドルフィンは恋愛時の高揚感を生み出すことがわかっているので、ダークチョコレートは熱い夜を過ごしたいときにぴったりのデザートかも。また、ダークチョコレートに豊富に含まれるカカオには、ドーパミン・セロトニン・オキシトシン値のレベルを高める効果があり、この3つの脳内化学物質はセクシーな気分を高めるのに重要な役割を担っているといわれています。

▽ 参考記事(海外サイト):7 Weird Foods That Actually Boost Your Libido (According To Science)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr