不快でしかない! 私史上ワースト1な「キス」の思い出vol.4

2022.11.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

ふたりの瞳が絡み合い感情が高ぶってのキス、愛情を確かめ合う素敵な行為のはずなのに、ロマンティックとはほど遠い残念なキスになった、なんて体験はありませんか? せっかくの彼への好意もそのキスでゼロ、いえむしろマイナスになってしまうこともあるんです。
今回はそんなキスにまつわる残念な思い出をご紹介いたします!


キス以前にマナーの問題!

「マッチングアプリで知り合った相手と1回だけデートしたんですが、その相手がガムを噛みながらキスしようとしてきたんです。ものが口の中にあるときにキスするなんて、マナー違反もいいところ。その態度で好印象もみごとに吹っ飛び、音信不通となりました」(20代/会社員)

▽ せっかく気持ちを込めてキスをしようとしているときに、相手が何か食べながらだったら誰でも気持ちが一気に冷え込むものではないでしょうか。

キスは恋人としての相性を確かめ合う行動とも言われています。もし思い出に残るような心地いいキスができたら、それは彼との相性もバツグンということ。
でも反対に、そのキスが思い出したくもないようなものだったら、恋人としての相性はゼロに近いということです。だからこそ皆さま、キスはいつだってしっかり心を込めて、彼との相性を見極めてくださいね。

2022.11.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介