当たり前じゃないの…?「愛妻家だね」と褒められて意外だったことvol.2

2022.11.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

どんなに結婚生活が長くなっても、妻を大切にする男性って素敵ですよね。実際に上司や友達から「愛妻家」認定されている人もいるのではないでしょうか。でも男性からすると当たり前の日常だからこそ、「こんなことで褒められるの!?」と驚いてしまうようです。
そこで今回は「男性がまわりに『愛妻家だよな』と言われること」の中から1つ、子どもが生まれてからも妻を名前で呼ぶ男性のエピソードをご紹介します。


子どもが生まれてからも妻を名前で呼ぶ

「付き合っているときから妻のことは“名前+ちゃん付け”で呼んでいて、子どもが生まれた今も変わらないんだけど……。以前友人夫婦と4人で食事した際、何気なく妻を名前で呼んだら『仲良しで羨ましい!』と言われてビックリしました。どうやら子どもが生まれるとパパママ呼びが多くなるらしいのですが、俺には全くその発想がありませんでしたね」(30代/男性)

▽ 本当に不仲になると、「おい」「お前」なんて呼び方になったりしますもんね……。妻を下の名前で呼んでいるだけで、ラブラブな雰囲気を感じるでしょう。

2022.11.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介