苦渋の決断…! 私がうれしかった「プロポーズ」をお断りしたワケvol.2

2022.11.19

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

大好きな彼からのプロポーズは、誰だってすごくうれしいはずですよね。でも何もかも手放しで喜べるシチュエーションばかりではありません。うれしさもあるけど、現実や将来をシビアに考えてお断りするという苦渋の決断を下した人たちもたくさんいます。
今回はそんなプロポーズをお断りした話から1つ、「彼の両親が苦手だったから」という女性のエピソードをご紹介します。


彼の両親とうまくやる自信がなかった

「学生時代から5年近く付き合っていた彼からプロポーズされましたが、断りました。原因は彼の両親、とくに彼のお母さんがさりげなく嫌味を言うようなタイプで内心かなり苦手だったんです。恋愛だけならともかくあのお母さんと家族付き合いをすることはできないってずっと思っていました」(30代/公務員)

▽ 結婚前に彼のご両親とうまくやっていけそうにないという予感があったら、断って大正解! その予感はきっと当たってます。

2022.11.19

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介