こんなに大変なのか…!「妻ナシ育児」をしてみた夫のリアルな感想vol.2

2022.11.18

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

時代は令和。子育てに理解のない人が減りつつあり、安易に「子どもが昼寝したら自分も昼寝できるんだろ」「好きな時間にテレビを見れて気楽でいいよな」と言う男性も減ってきました。とはいえそれでもやっぱり、「いいよな専業主婦は」「子どもの面倒を見ているだけでいいんだからプレッシャーも少ない」と勘違いしている人もいます。
ここでは、実際に妻ナシでワンオペ育児をしてみた夫のリアルな感想から1つ、「習い事の送迎が大変だと知った」という方の声をご紹介します。


地味に労力をつかう習い事の送迎

「妻は時短で働いているから、子どものことも家事も多めにやってもらっていて。でも俺のほうが稼いでいるし、それも当然だよなって思ってた。だから義両親が体調を崩して妻が1週間義実家に行くことになったとき、小学生の子どもを1人で見ることになったけど思ってたより時間なくて。
その間は時短みたいにして働かせてもらってたけど、習い事の送迎がこんなに手間がかかるものだったのかって。スーパーに行って買い物したり、献立毎日考えたり、やってもやっても終わらなくて正直ナメてた。これなら仕事だけやってるほうが断然ラクだなって」(30代・メーカー)

▽ 子どもの習い事の送迎も意外と大変なもの。習い事の準備から、決まった時間に子どもを送り届け、習い事中の30分~1時間ほどを適当につぶさなければなりません。中途半端な時間に振り回されるのもストレスですよね。

2022.11.18

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

はくまい

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介