シンプルに失礼すぎ…! 義実家と距離を置こうと思った瞬間vol.8

2022.10.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

義実家となると、どうしても気を使う場面が多いですよね。「夫の両親だし、少しでも親しくなれたら……」と奮闘しているにもかかわらず、想像の斜め上をいく義父母の言動には驚かされるもの。受け入れることが困難な場合、良好な関係は諦めざるを得ないようです。
そこで今回は「義実家と距離を置こうと思った瞬間」のなかから1つ、見下してくる義母に腹が立って距離を置いたエピソードをご紹介します。


悪気なく見下してくる

「義父は大企業に勤めて収入は安定、リタイア後も退職金と貯金で悠々自適な生活を送っています。それ自体はすごいと思うのですが、そんな何不自由ない生活が当たり前だったからか、義母は世間知らずなところがあって。
以前私の母のことを聞かれたので、いまもパートしていることを伝えたら『それはかわいそうねぇ……』とナチュラルに見下されてカチンときました」(30代/女性)

▽ 普段どんなにいい人でも、心のどこかで人を小バカにしていると本音が出るもの。とはいえ義母にはイラっとしても言い返せないからこそ、余計ストレスが溜まるでしょう。

2022.10.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

ebisu

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介