やっぱムリそう…悲しいけど「超絶脈ナシ」だなと思ったエピソードvol.3

2022.09.17

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

頑張ってデートするまでには至ったものの「やっぱり脈がないなぁ」と思ったことはありませんか? 気になっているからこそ、自分からLINEを送ったり、食事に誘ったりと頑張っていても、相手からの反応がイマイチ。先が見えない様子だと諦めようかなぁなんて思いますよね。
ここではそんな、「超絶脈ナシだな」と思ったエピソードから1つ、「彼女いらないアピールをされた」体験を紹介します。


今彼女いらないアピール

「ふたりで飲む約束をするまではよかったけど、飲みながら“彼女なんて面倒くさいからいらないんだよね”って何度もアピールされて、もしかしたら私が好きっていうことがバレていてあえてそう言っているのかもと不安になった。しかもそのあと“こうやって友達と飲むのが一番いいわ”って言われて、こんな事言われたらもう何も言えなくない?」(20代/保育士)

▽ わざわざ「彼女いらない」なんて言う必要のないことを、あえて言っているということはそういうことなのでしょう。つらいですね。

2022.09.17

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介