勘弁してよ…!! まさかのタイミングで「好きバレ」してしまった瞬間vol.4

2022.09.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

自分の好きな気持ちが相手にバレてしまうのは恥ずかしいもの。告白をしようと決めていたのならいざ知らず、ひそかに好きという思いを育んでいた場合は、軽い絶望を感じてしまうこともあるかもしれません。細心の注意を払っていたのに、相手に自分の気持ちがバレてしまって恥ずかしくなったことがある人もいるでしょう。
ここではそんな「好きバレしてしまった瞬間」からひとつ、「同期の勘違い」でバレたエピソードをご紹介します。


同期に「付き合えたんだね!」

「同期に好きな子がいたんだけど、仕事の相談と称して休日にランチに誘っていて。その流れで映画を観て帰るときに告白しようって思っていたら、同じ映画を観ていたらしい別の同期に遭遇。その同期には恋愛の相談をしていたから、私と彼を見た瞬間に“付き合えたんだね!”って私の方を見て言われて、ああもうバレた……って思ったよね」(20代/IT)

▽ 勘違いして「付き合えた」と言っている同期と、何も知らずにそばにいる同期の彼。どう弁解したらいいかわからない状況ですが、うまくいったことを祈ります。

2022.09.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介