好きなのは私だけ?「男子との温度差」を感じたデートの話vol.2

2022.08.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

好きな人とのデートに気合いを入れるのは男女ともに同じなはず。だからこそ彼からダルそうなオーラが出ていると心が折れますよね。彼から必要とされていない気持ちになり、自己肯定感も下がってしまうでしょう。
そこで今回は1つ、男子との「温度差」を感じたデートのなかから、興味のなさそうな相手にゲンナリしたエピソードをご紹介します。

まったく興味を持ってもらえない

・「気になる男性とデートする機会があったので、こちらからいろいろ質問したり、さりげなく褒めたりとアピールしていたんです。でも彼は私に一切興味を持ってくれず、平気で女友達や元カノの話をしてきてショック! 全然目も合わないし、『これは脈ナシだな……』って悟りました」(20代/住宅)

・「デート中なのにずっとスマホをいじっている人とは温度差を感じるよね。何なら『本命彼女がいるのかな?』って思います」(20代/教育)

▽ 会話はもちろん、目線からもなんとなく脈の有無って伝わりますよね。こちらがアプローチをしているにもかかわらず、かわされてばかりだと気が滅入ってしまうでしょう。

 

2022.08.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介