これは素敵!「義母を真似たい」とひそかに思っていることvol.1

2022.08.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

「姑」と聞くとなんだか怖い感じがしますが、特に息子のいる母親にとっては自分もいつか「姑」と言われる日がくる可能性もあり、決して他人事ではない言葉ですよね。だからこそ、こっそりと義母の姿をみては「これは素敵」と感動したり、逆に反面教師にして「こういうふうにはならないようにしよう」と決意したりするのではないでしょうか?
ここではそんな、自分が姑という立場になったときに、ひそかに義母を真似したい、と思っていることのなかから1つ「距離感」についてご紹介します。

干渉しないこと

「私の義母は距離感をはかるのがものすごくうまい人。こっちが拍子抜けするくらいに干渉してこないし、だからといって関心がまったくないわけでもなさそうで。気にかけつつも、誘われたり頼られたりするまで自分から何かアドバイスしたり、会いたいって言い出したりしないところがすごくいいなって思う。立場的に言われたら断れないもんね。私も姑になったら息子家族に干渉しすぎないようにしたいなって思うよ」(30代/公務員)

▽ 息子夫婦にいっさい口を出さず、干渉せずにいい距離感を保ってくれている義母が憧れだそうです。たしかに家族となると何かと世話を焼きたくなりますが、そこをぐっとこらえてもらえるのはありがたいですよね。

2022.08.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介