ヤバい女認定された?「彼氏が欲しすぎてやらかした」黒歴史vol.2

2022.07.04

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

彼氏を作るために行動するのは悪くないもの。ですがそのときの状況ややり方によっては、かえって痛々しくなることもありますよね。一度「ヤバい女」のレッテルを貼られてしまうと、そのイメージを脱却するのは難しいもの。周囲からも敬遠されるし、いいことはないでしょう。
そこで今回は、彼氏がほしすぎてやってしまった黒歴史のなかから1つ、「彼氏がほしい!」と公言して自滅してしまったエピソードをご紹介します。

「彼氏がほしい!」と公言して自虐化

「『彼氏がほしい!』と公言しすぎて自虐っぽくなってしまったこと。友達からはウケ狙いだと勘違いされるし、男子も引いているしいいことなかった。私の場合は恋愛に執着しなくなってからのほうが、すぐに彼氏ができました」(20代/女性)

▽ ここぞというときに紹介を頼むならいいのですが、あまりにシングルアピールをしすぎてしまうと、かえって逆効果になりがち。もはやネタっぽくなってしまうので、周囲も本気にしなくなるのかもしれません。なかなか彼氏ができないときは、一度恋愛から離れることも必要ですね。

2022.07.04

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

はくまい

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介