正直イヤだな…義実家との「お風呂習慣の違い」がショックだった話vol.1

2022.07.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

婚約したり結婚したりすると、パートナーの育った環境と自分の育った環境の違いにとまどう、なんてこともよくあるもの。その中でもよく耳にするのが「お風呂の習慣の違い」です。衛生観念に関わることでもあるので、なかなか受け入れることもできなかったりして……。
ということで、「義実家とのお風呂習慣の違いにショックを受けたこと」について、Googirl読者の皆さまから届いた投稿を1つピックアップ! 今回は「タオルの使い方」に驚いたエピソードをご紹介します。

「一緒のタオルでいい?」

「結婚するときにお風呂の話になり、夫の実家ではひとつのタオルを家族全員で使うそうで、タオルを絞って次の人用に置いておくと言われた。『タオルは先に使っていいから一緒のタオルでいい?』って言われたので、『私が洗うから絶対別にしてほしい』と必死でお願いしました。義父がかなりお金にシビアなのは知っていましたが、まさかそこまでケチっているとは思わず……。

しかも結婚した後に親戚から聞いた話では、義父は会社の接待や見栄を張るのにスーツや腕時計にお金をかけていたため、生活費はかなり削られていたのだとか。義母は自分の自由になるお金を得るためにパートをしていたが体を壊し、辞めざるを得なくなったのだとか。同居じゃなくて本当によかった……」(35-39歳女性)

▽ 節約のために湯上りのタオルはひとつだけ……とのことでしたが、何もそれをお嫁さんに強要しなくても、って思いますし、そもそもそんなことじゃたいした節約にもならないような気もしますがね……。

リサーチ元
Googirlユーザー:140名
リサーチ期間:2022年5月20日~2022年6月9日

2022.07.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by ヨーコ

南の島生まれの迷えるアラフォーライター・編集者。好奇心旺盛で、やや多動気味&HSP気質。霊感はないけれど、優れた直感力には自信アリ。

春風のの

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介