本当に着替えてただけ! 浮気なんてしてない! 男性が疑われてショックだった話vol.4

2022.06.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

浮気というと、たいてい女性が何かをキッカケにパートナーを疑うことが多いかと思いますが、そのすべてが必ずしもクロではないですよね。疑われる側である男性からしても、事実無根なのに浮気と勘違いされて慌てた経験があるようです。
今回は男性が浮気を疑われてショックだった話から1つ、酔いつぶれた同僚の介抱が原因になったエピソードをご紹介します。

介抱中にタイミングが悪く疑われた

「店舗形態の会社なんだけど、忙しいのもあって仕事が終わった人からすぐ参加できるよう、いつも店舗のすぐ隣の居酒屋で会社の飲み会をするんだよね。その日は俺が遅くまで終わらなくて、行ったときにはすでにみんなけっこう酔ってて。お開きになったときに同僚の女性社員が酔いつぶれちゃってて。シラフ近いのが俺しかいないのと、その日に限って他の女性社員も先に帰っちゃって誰もいないから、上司が俺にタクシーで送るよう言ったんだよね。
ただ住所を知らないし本人は寝ちゃってて、どうにもならないから店舗に戻って横にさせたの。彼女を起こそうと試みて水とか飲ませてたら、スーツに吐かれちゃって。なんでこんなことにってため息つきながらワイシャツを脱いだらドアをノックする音が聞こえて、てっきり誰か同僚が戻ってきてくれたと思って開けたらまさかの妻が立っていて。
ソファで寝てる女性と上半身裸の俺……その状況にハッとしてすぐに説明しようとしたけど、慌てすぎてしどろもどろになっちゃって。妻は帰りが遅いのを心配していつものように迎えにきてくれたんだけど、思いっきり勘違いされた。妻からの着信もあったのに、住所を聞こうと同僚に電話してたから全然気づかなくて。もう最悪すぎて泣きたかったよ」(35歳・男性)

▽ その後、彼女の住所もわかり夫婦で送り届けたことと、その方や上司から謝罪とお礼もあり、一応奥さまは納得してくれたらしいですが、二度と巻き込まれないよう飲み会は先に帰る約束になったそうです。

2022.06.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by さち

いえ、ほん、かふぇ、と某アイドルがすき。宅地建物取引士。 大学のゼミで広告企画や映画を作り、不動産業界を経て、web編集の道へ。 夢の注文住宅には、アイドル部屋も。 日々こぼれるスキマ時間に読んでもらえる「なんかいいな」「あーわかる」という記事をお届けできたら――。

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介