マジでやめて! 女子が「彼とのお風呂」で嫌だったことは?vol.3

2022.06.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

彼氏や旦那さんとお風呂に入るのは楽しいし、ワクワクしますよね。でもその一方で「これ、やめてほしいんだよな……」なんて思うことも、あったりしませんか?
ということで、Googirl読者の皆さまからの投稿いただいた、お風呂でパートナーに「マジでやめて!」と思ったことのなかから1つ、「洗い方が痛すぎる!」という女性の嘆きをご紹介します!

洗ってくれるのはうれしいけど…

・「彼氏と初めてお風呂に入った時に体を洗い合いっこしたのですが、ボディーソープで私のデリケートゾーンをゴシゴシされて仰天。『お前のと違ってデリケートなんだよ! 痛い!』と一喝し、デリケートゾーン用のソープで優しく洗うよう指導しました」(20-24歳女性)

・「学生時代の話。肌が弱いためお風呂ではゆっくり優しくケアをしたかったのですが、強く勧められて彼とお風呂に入ることに。入るやいなや、彼が悪気なく粗めの硬いスポンジで私の体を擦り出して思わずゾッ……。率先して洗ってくれるのはうれしいけど……めっっっちゃ痛かったのに、よほどうれしかったのか笑顔だったのでやめてとも言えず……。
お風呂上がりに鏡でチェックしたら、案の定ミミズ腫れになっていました。優しい人なのできっと垢をこすり落とそうとしてくれたのだと思いますが、アフターケアが大変でした。『女子のお肌は敏感なのよ』と伝えておけばよかったです」(20-24歳女性)

▽ 彼の「洗ってあげたい」という気持ちはうれしいものの、女性の体(男性もかもしれませんが)っていろいろデリケートですからね……。くれぐれも優しく扱ってほしいものです。

リサーチ元
Googirlユーザー:140名
リサーチ期間:2022年5月20日~2022年6月9日

2022.06.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by ヨーコ

南の島生まれの迷えるアラフォーライター・編集者。好奇心旺盛で、やや多動気味&HSP気質。霊感はないけれど、優れた直感力には自信アリ。

ちー

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介