これ確実にいらないよな…結婚・同棲し始めて最初に捨てた彼のものvol.2

2022.05.15

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

彼とひとつ屋根の下に住むことになったとき「この機会に処分してしまおう」と、ゴミ箱行きになる彼の所有物は意外と多いようです。もちろん、彼本人に了承を得ることは必須なのですが、中には彼に内緒でサヨナラしてしまったものもある模様。
本日は結婚or同棲を始めるとき、最初に捨てたアイテムのなかから1つ「元カノの遺物」についてのエピソードをご紹介します。確かにこれはいらないかも……?

元カノの遺物

「旦那と暮らし始めたときに、多く発掘されたのが元カノの遺物でしたね。下着やら化粧品やらはもちろん、生理用品、洋服、靴まで。彼が仕事から帰ったときに『こんなにあったんだけど、何人分?』とゴミ袋を玄関に並べて問い詰めてやりました。もちろん、彼に捨てさせましたよ」(主婦/30代/女性)

▽ それはまたずいぶんとおモテになられる旦那さまなのですね。新婚が住むおうちに過去の女性のモノの居場所などございません。ゴミ袋を前に彼は「こんなにたくさん、どこにあったの?」と目を丸くしていたとのこと。すっとぼけるのも大概にしていただきたいものです。

2022.05.15

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 立羽あさぎ

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。 着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。 現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。 オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。 暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介