ここがイヤ! 義父と旦那の「残念すぎる共通点」とは?vol.3

2022.01.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

「カエルの子はカエル」という言葉がありますよね。「子供の頃は親に似ていなくても、結局は親に似たり、親と同じような道を進んでいく」といった意味ですが、これを痛感するようなことってよくありませんか? 例えば自分の夫。義理の父親に一見似ていなさそうで、似ているな……と思うことって、きっとあるはずです。それがいいことならば問題ないですが、必ずしもそうとは限りません……。
ということで5回にわたり、義父と夫の「残念すぎる」共通点について既婚女性たちに話を聞きました! 

女好き・浮気性なところが…似すぎ!

・「夫はよく言えば『モテる』、悪く言えば『浮気性』で……。結婚する前から、夫の浮気には何度もブチ切れていたし、結婚してからもそれはたいして変わらない。離婚も考えたことはあるけど、子供たちのこともあって踏みとどまっている感じで。
ちなみに夫の父親である義父も、若い頃はかなりの浮気性だったらしい……。まぁ今はもう70代なので、そういうことはないと思うけど……。変なところが似ちゃったよね」(35歳女性)

・「女好きな夫。結婚する前に『結婚したら絶対不倫とかしない!』って言っていたのにもかからず……こっそり女遊びを繰り返している。夫はバレていないと思っているみたいだけど、はっきり言ってバレバレだから!
で、それを義理の父に相談したら、『え、浮気は男の甲斐性だろ? それくらい許してやれよ』っていう、まさかの答えが……! 続けて、『俺も若い頃は女遊びくらいよくやってたよ。まぁ相手の女に本気になっているわけじゃないだろうしな、大丈夫大丈夫』って言われて……。『この親にしてこの子あり!』って思った」(34歳女性)

▽ 本当にまったく似てほしくないところが、見事に似てしまった、っていう感じですね……。まぁでも、浮気性とか女好きとかって、直そうと思って簡単に直せるものじゃないのかも……。筆者にも「父親が女好きで、その息子も女好き」っていう知り合いの親子がいますが、2人とも「一生男でいたいからな! ハハハ!」といった感じで、まったく悪びれる様子はなく……。
Vol.4に続きます!

2022.01.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by ヨーコ

南の島生まれの迷えるアラフォーライター・編集者。好奇心旺盛で、やや多動気味&HSP気質。霊感はないけれど、優れた直感力には自信アリ。

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介