この家は俺のもの!? 常識なさすぎ「ダメ旦那」の浮世離れした言動vol. 3

2021.10.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

添い遂げたいと思ったから結婚をした相手でも、それまで知らなかったような一面や、常識外れな部分を見るとショックを受けてしまうもの。愛を誓った仲だとしても「これは無理」なんて思ってしまう瞬間もあるでしょう。今回はそんな、ダメ旦那の浮世離れした言動を聞いてみました!

家の名義は俺だから出ていくならお前

・「夫とケンカをしたとき、私が“もう出て行って!”って怒ったら、夫が“この家の名義は俺のだから、出ていくならお前だ”と言ってきて絶句。
マイホームを買うときに、私の両親からは何百万円の単位でお金を援助してもらったのに……。ちなみに、夫の両親からはゼロ。私と夫の年収はほとんど変わらない、それでも自分の名義だって言い張るところに器の小ささとケチくささを感じてもう無理だって思った」(30代/看護師)

・「夫が同じ会社の女性を家に連れ込んでいて浮気が発覚。“もう一緒に暮らしたくないし、顔も見たくない”って言ったら、夫が笑いながら“出ていくなら君だよ。この家は僕の名義だし”と言ってきて絶望。自分の罪を認めずに権利だけ主張するって……」(30代/公務員)

▽ 夫婦である限り、誰の名義の家に住んでいるかなんて重要ではないもの。自分が原因でケンカをしたのに権利を主張する、器の小さい浮世離れした言動にイラっとしますね。

2021.10.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介