人が見てない隙に…一生忘れられない“自分史上最高のキス”vol. 1

2021.09.26

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

キスって特別だからこそ、基本どんなシチュエーションでも記憶に残りやすいもの。その中でもまるで少女マンガの主人公になったかのような、ムード溢れるキスを経験した人もいるはず。ドストライクなキスだからこそ、思い出すだけでドキドキしてしまうでしょう。
そこで今回は「一生忘れられない“自分史上最高のキス”」をご紹介します。

人が見ていない隙にコッソリ

・「いまの旦那と内緒で社内恋愛をしていたとき。仕事中はお互いマジメに働いていたのですが、1度だけ倉庫で鉢合わせたときにキスされました。あのときはもう心臓バクバクでしたね。あとから『○○(私)が倉庫に行くのが見えたから、俺も行ってみた』とカミングアウトされ、『やられた~!』って思いました」(30代/主婦)

・「放課後、誰もいない教室でしたキスが忘れられない。窓の外からは部活動の声が聞こえてきて、いま思うとエモかったですね」(20代/一般事務)

▽ 何とも微笑ましいコチラ。人の気配を感じつつするキスは、誰かに見られたらと焦る反面、ドキドキするスパイスになるようです。周囲の迷惑にならない程度に、秘密のキスを堪能したいですね。

次回も「一生忘れられない“自分史上最高のキス”」をご紹介します!

2021.09.26

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介