学歴マウント! 思わず耳を疑う「モラハラ夫」の衝撃の言動vol. 3

2021.09.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

パートナーからの心ない態度や言葉は、時に痛烈なダメージを与えるものです。いくら自分の機嫌が悪いからって言って良いことと悪いことがありますよね。本日は既婚者のみなさまから「夫から受けたモラハラ」について聞いて参りました。

「これだから学のない女は」

「別れた元旦那の話ですけど、彼は私の一個年上で、プライドが高かったんですよね。彼は地方の公立大学出身で公務員。私は短大卒でした。
ケンカになると、彼はいつも理論立ててまくしたて、私を論破した気でいました。私はもともと口が立つほうではないので、黙って言うことを聞くだけでした。
いつだったか彼が明らかにおかしいことを言ったので言い返したんです。そしたら激昂して『これだから学のない女は!』と言われて。そこで彼の底を見た気がしました」(接客/30代/女性)

▽ 学歴で人をはかれる時代は終わっているんですけどね……。そんな旧式の思考回路の人はいまだにいらっしゃるのですね。自分のあやまちを認めず、相手の学歴を持ち出してうやむやにするなんて、とても学のある方の行動とは思えません。過去の自分を誇ることは結構ですが、それを使って他人を貶めるマネをするのは三流以下です!

次回も、耳を疑う外道なモラハラ夫についてお届けいたします。

2021.09.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 立羽あさぎ

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。 着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。 現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。 オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。 暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介