公衆の場でイチャイチャ…元カレとの痛すぎる思い出

2021.07.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

恋の熱に浮かされているときは、無我夢中でやっていたことでも、いったん冷静になって振り返ってみると「痛い人」以外の何者でもなかった……なんてこともありますよね。
恋は盲目と言われるように、恋愛中には周りのことも、自分のこともきちんと見ることができていないことが普通です。ここではそんな、元カレとの痛すぎる思い出を振り返ってもらいました。

公衆の場でいちゃいちゃ

・「付き合い立ての頃に、気持ちが盛り上がりすぎて駅のホームでいちゃいちゃしていたこと。人前でキスなんてありえないって今なら思うけど、当時は周りが見えていなかったんだよね……。電車に乗り込む別れ際にキスして、『今日も頑張ろう』って思っていた私、若すぎる」(30代/主婦)

・「どこに行くのも何をするにもくっついていたこと。粘着テープでもついているの? っていうくらい、彼にべたべただったから、それを見た友達に『ひとりで歩けないの?』ってびっくりされたくらい。会っているときはどこかしらに触れていないと気が済まなくて、友達の前でもずっと手をつないでいたな。忘れてほしい……」(30代/公務員)

▽ 恋愛が盛り上がりすぎると、周りが見えなくなり2人だけの世界に入り込んでしまうもの。だからこそ、いったん冷静になると恥ずかしくてたまらなくなりますよね。恋に浮かされているときは、冷静になったときのことなんて考えられないのです。

2021.07.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

春風のの

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介