「生まれ変わったら結婚しよう」と約束…元カレとの痛すぎる思い出

2021.07.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

恋の熱に浮かされているときは、無我夢中でやっていたことでも、いったん冷静になって振り返ってみると「痛い人」以外の何者でもなかった……なんてこともありますよね。
恋は盲目と言われるように、恋愛中には周りのことも、自分のこともきちんと見られないのが普通です。ここではそんな、元カレとの痛すぎる思い出を振り返ってもらいました。

「生まれ変わったら結婚しよう」と約束

・「浮気相手にされていたのに、本気で出会うタイミングが間違っていたのだと思い込んでいた私。彼から『彼女にバレたから別れよう』って言われたときも、悲劇のヒロインになりきって『生まれ変わったら結婚しようね』って彼にしがみついて泣いた……。
今思い出しても黒歴史。なんであんな男がよかったんだろうって思うし、何よりそんな男にすがっていた私もやばい」(30代/看護師)

・「会社の上司に3年間恋をし続けた私。彼女と別れたら正式に付き合ってもらおうと思っていたら、朝会で上司が結婚することを発表。泣きながら『おめでとうございます。でもあなたの運命の相手は私です。生まれ変わったら結婚しましょう』って伝えた。
みんな引いていたと思う。失恋で落ち込んで会社を休み、冷静になったらなったで恥ずかしすぎて会社に行けなくなった過去」(30代/広告代理店)

▽ 夢中になって恋をしているときは、周りの人の反応や状況を冷静に見ることができないもの。だからこそ、振り返ってみると思い出したくないような痛すぎる思い出に変わっていたりしますよね。報われることを祈ります。

2021.07.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

春風のの

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介