手料理が食べられなくなって…「彼女と別れなきゃよかった」と男性が思う瞬間とは

2021.06.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

自分から彼女をフッたものの、別れたことを後悔する男性は多く存在します。では一体、どんなときに「別れなきゃよかった……」と思うのか、彼女と別れて後悔している男性陣に教えてもらいました。
男性の勝手な言い分に呆れてしまう女性がほとんどだとは思いますが、復縁を狙っている女性にとっては朗報かもしれません。

手料理が食べられなくなったとき

・「彼女と別れてから外食とコンビニ弁当しか食べていないので、手料理が食べられない日々に苦しんでいます。『食』がこんなにも大切なものだとは思っていませんでした……」(28歳/建築関連)

・「正直、今カノの作る手料理がおいしくない。料理好きの彼女と別れたことをめちゃくちゃ後悔している」(31歳/不動産)

▽ 生きていく上でもっとも重要といっても過言ではない「食」を恋愛から切り離すことはできませんよね。ときには、料理が心をも支配してしまうことがあるため、男性陣にとっても悩ましい問題かもしれません。
「男をつかむなら、胃袋をつかめ」という言葉があるように、一度覚えてしまった味はそう簡単に忘れられるものではないようです。

2021.06.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。

ちー

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介