誰も怒ってくれる人が…「彼女と別れなきゃよかった」と男性が思う瞬間とは

2021.06.24

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

自分から彼女をフッたものの、別れたことを後悔する男性は多く存在します。では一体、どんなときに「別れなきゃよかった……」と思うのか、彼女と別れて後悔している男性陣に教えてもらいました。
男性の勝手な言い分に呆れてしまう女性がほとんどだとは思いますが、復縁を望んでいる女性にとっては朗報かもしれません。

怒ってくれる人がいなくなったとき

・「週末、部屋に遊びにくるたびに『何で、こんなに汚いの!?』『何で、洗濯物たたんでないの!?』と母親のように怒る彼女にウンザリしていたけど、誰も怒ってくれる人がいなくなったら急に寂しくなってきた」(25歳/整備士)

・「友達との飲み代が高いとか、携帯ゲームに課金するのをやめろとか、お金の使い方をちゃんと注意してくれるのは彼女しかいなかったと別れてから気がついた」(23歳/美容師)

▽ 大人になってあれこれ口を出されるとイラっとしてしまうかもしれませんが、怒ってくれるのは「愛」があるからこそなんですよね。「離れて初めて大切さに気がつく」という意味では母親と彼女は似ていますが、彼女は母親と違い、一度離れたら戻ってこないかもしれない可能性があるということを、男性陣には忘れないでいただきたいものです。

2021.06.24

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。

ちー

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介