直感って侮れない!「この人と結婚するかも…」が当たったケース4つ

2021.06.14

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

長いあいだ婚活を続けてもなかなかうまくいかない人もいれば、短期間でサクッと結婚を決めるような人もいます。いったいその違いは何なのでしょう?
順調に結婚にたどりつく人はよく、「この人と結婚するかも」という直感が働いたなんていいます。ではそんな結婚を予言するかのような直感とはどんなものだったのか、探ってみました!

ずっと一緒にいても気疲れがしない

恋人同士とはいえずっと一緒にいると、どこかで相手に気を使っていたり、気疲れしたりすることがよくあります。でもそんなふうに感じることがなく、いい意味で相手が「空気のような存在」になっていて、同じ空間にずっといても違和感がないというのは、まさに将来結婚してもうまくいくサインでしょう。
自分のそばにいることがごく自然で当たり前のように思える……それこそ生涯のパートナーになれる条件です。

ケンカをしても相手を嫌いにならない

どんなに仲がよくても、意見が合わなくてケンカになることもあるでしょう。でも不思議なことにケンカをしたからといって、相手を嫌いになったりすることがないのも「この人と結婚するかも」という直感だったりします。
ケンカして相手を嫌いになるより、自分とは違う相手の考えや気持ちを理解しようとしたり、この距離感をどうにか縮めたいと思う気持ちの方がずっと強いということは、それだけ相手のことを信頼している証です。

この人なら大丈夫という安心感がある

出会った瞬間から、あるいはふたりでいる時間が長くなるにつれて、「この人なら大丈夫」という安心感が育ってきたら、それも結婚するべきという天のお告げなのかもしれません。その安心感に確固たる根拠や理由はつけられないかもしれません。でもだからこそ直感として、本能的にかぎつけているのです。
どんなに長く一緒にいても一抹の不安があったり、どこか安心しきれない部分が残っていると、結婚してもきっとうまくいきません。

親に紹介することに抵抗がなかった

恋人を親に紹介するというのは、なかなか勇気のいること。長年付き合っていても、どうしても親に紹介する気にはなれなかったり、あるいは彼の方もその気にならなかったり、というのはきっとご縁がないということなのです。
でもお付き合いの期間がどれくらいであれ、親に紹介することに抵抗がないという直感も、結婚に向けてのゴーサイン! 結婚相手としてふさわしい彼を選んだという喜びと自信に裏打ちされているはずです。

まとめ

熱烈に愛し合っているからといって、無事結婚にたどりつくという保証があるわけでもなく、結婚ってまさに不思議なご縁としかいいようがないですよね。だからこそあれこれ考えすぎるより、「私、この人と結婚するかも」という直感や素直な気持ちこそが、結婚を決断する大きな決め手となるのかもしれません。

2021.06.14

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

春風のの

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介