このまま一生変わらないかも…情けなさすぎる夫と姑エピソード

2021.05.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

結婚は相手だけでなく、その家族とも深い繋がりができるものです。新しい家族ができることはステキですが、いいことばかりとは限りませんよね。そこで今回は、夫と姑の情けないエピソードを聞いてみました。

情けなさすぎる夫と姑エピソード

ケンカで姑の言いなりになる夫

「姑とは折り合いが悪く、たまにケンカになることもある。そういうとき夫は決まって姑の味方につく。姑の味方について、私をなんとか説き伏せようとしてくるのが本当に腹立つ。明らかに姑が悪く、舅ですら『それはおかしいんじゃないか』というときですら、謎の理論を持ち出して私が悪いという。
頼りにならない夫、今は子どもが小さいから仕方ないけどいつか捨ててやると思っている」(34歳/小売)

▽ ケンカになったときにうまく仲裁に入ってくれるのならまだしも、一方的に姑の味方につくだなんてひどい話ですよね。夫ならうまくフォローしてほしいものです。

アレルギーは気持ちの問題と言い張る

「私に対する嫌がらせなら別に我慢できるけど、子どもの食物アレルギーに理解がないことは本当に困る。『これは食べられないんです、アレルギーなので』って言ってあるし、どんな症状が出るかも伝えてあるのに、私の目を盗んで食べさせようとする姑。
『アレルギーなんて食べ慣れていないだけ』と言ってきて、そんなワケないって何度説得してもダメ。夫に注意してもらうようお願いしても、『もう年寄りだからわかんないんだよ』と言って注意しようとしてくれない。それで子どもを連れていくのをやめると『なんでそんな意地悪するんだよ』とため息をつく。子どもの命に関わることだからこそ、ここは曲げられない!」(35歳/IT)

▽ アレルギーを「食べ慣れていないだけ」という姑に子どもを会わせたくないですよね。これは頼りない夫です。もはや敵ですよね。

嫁いじめを画策する

「姑が嫁いじめを画策していること。夫もその話を聞いて笑っている。
私から『あんなの嫁いじめだよ、なんで注意してくれないの?』って聞いたら『いじめとかいうなよ。母さんは母さんなりに仲良くしたいと思っているんだよ、なんでわからないの?』と言われた。旅行に連れていかないように計画するのが仲良くしようとしているなんてよく言えるなと思った……」(32歳/コールセンター)

▽ 旅行に連れて行かないよう画策する姑に、嫁と仲良くする気があるなんてとうてい思えませんよね。夫は何を考えているのでしょうか。イライラが止まりませんね。

子どもを甘やかしすぎる姑とカッコつける夫

「姑の家に行くのが憂うつ。子どもを甘やかしすぎる姑と、普段は子どもの面倒を見ないくせに『しっかり子どもの面倒を見ているオレ』を演じている夫。
いつも子どもが何か話していてもスマホいじってばかりなのに、自分の両親の前ではいい父親を演じたいらしい。普段と全然違う夫の姿を見てかなりゲンメツ。呆れてしまった」(33歳/薬剤師)

▽ 自分の両親の前だといい顔をしたいんですね。普段から子どもの面倒を見てくれているのならまだしも、これでは呆れてしまいます。自分のカッコつけのために子どもを利用するなんて本当に情けない父親ですね。

まとめ

いかがでしたか。今回は、思わず呆れてしまうような夫と姑エピソードをご紹介しました。どれもガッカリしてしまうエピソードばかりでしたね。これでは一生夫婦間の溝は埋まらなさそうです。

2021.05.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 大塚 ちえ

都内で働く金融OL。仕事に家事に育児に貯金に、忙しい現代のはたらく女性を応援する記事を目指し日々精進中。

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介