いい人だけどキモッ…! 正直ドン引いた愛の告白vol. 3

2021.05.15

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

いい人だなと思いながらも、相手とはまだ付き合うか考えている微妙な段階。ご縁があれば……と思いながらも、もどかしい気持ちでいるときに告白されたら、うっかりOKしてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、告白の仕方によってはプラスどころかマイナスになり、「付き合わない」という結果になることもあるようです。ここでは「キモッ」と思ってしまった衝撃の告白を聞いてみました。

「君ともっと深い関係になりたい」

・「友達から紹介された人と何度かデートしていたときのこと。いい人だな、告白されたら付き合ってもいいかなと思っていた相手だった。
だけど、デートの終盤に『君と、もっともっと深い関係になりたい』って言われてドン引き。深い関係って何? 普通に『付き合って』っていう伝え方じゃダメなの? 深いってところを想像したらなんか気持ち悪くなった」(20代・保育士)

・「普通にいいなと思っていた先輩の家に遊びに行ったときのこと。
一緒に座ってしゃべっていたら、いきなり真顔になって私の目を見て先輩が、『○○ちゃん(私の名前)と深い関係になりたい』と言ってゾッ。深い関係って言葉選びのセンスがなさすぎだし、距離の縮め方がおかしい。反射的に『私は浅い関係の方が好みです』って断って、気まずくなって帰ってきた」(20代・学生)

▽ 深い関係とにおわせるくらいなら、率直に「付き合って」と言ってほしいもの。「深い関係」と表現することに、気持ち悪さを覚えますね。いったいどんなことを想像しているのかはかり知れず、恐ろしさは増すばかりです。

2021.05.15

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

はくまい

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介