「女のくせにやるじゃん!」にイラッ! 男性からの迷惑な偏見TOP7【第4位】

2021.05.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

男性からの偏見にイラっとしたことはありませんか? 令和の時代になっても、昭和のおじさんのような偏見を持っている男性って多いんですよね……。「時代錯誤すぎる!」と思った男性からの偏見とは? ランキング形式でご紹介します!

第4位. 女子は仕事ができない…42票

「女は媚びを売れば生きていける」

「専門学生時代、上京して生活費を全て自分で稼いでた苦しい時期に、いちばん苦手な夜の仕事をしたときのこと。お客の男性に『女は媚び売ってれば生きていけるからラクだよな』と言わて悔しい思いをした」(20 – 24歳・その他)

▽ 第4位は「女子は仕事ができない」でした! お金を稼ごうと必死なときに「女はラクだ」なんて言われたら相当イラっとしますね……! 女性をバカにした言動は許せません!

仕事を横取りされる

「仕事で大きな案件が決まりそうになったときに、男性社員に私のポジションを奪われ、その後の案件処理だけやらされた。私に声がかかった案件なのに!」(20 – 24歳・会社員)

▽ 自分に声がかかった案件を「女性には大変でしょ」と横取りする男性社員も。手柄を自分のものにしたいだけですよね。卑怯です……!

男でも仕事ができない人はいる

「男性でも仕事ができない人はいます。女性のほうが周りをちゃんと見ている人が多いような……。男性にしかできない仕事って、実は少ないんじゃない?」(25 – 29歳・会社員)

▽ 仕事ができるかどうかに、性別は関係ありません! 社会に出て働くとそれがよくわかりますよね。「男だから」とエラそうにする意味がわかりません……。

女性社員を「女の子」と呼ぶ

「『女の子はお茶を入れるタイミングで、出来不出来がわかるよね』『机は女の子が拭くもんだろう』と、年齢に関係なく『女の子』という言葉で一括りにする上司の多いこと……。それに乗っかる若手男性社員も無理!」(35 – 39歳・会社員)

▽ 同じ仕事をする仲間なのに「女の子」と呼ばれると違和感がありますよね。お茶くみなどの雑用は「女性社員の仕事」というのも古くさいです……。

「女のくせにやるじゃん!」

「私はオシャレが好きで、仕事にもばっちりメイクをしていきます。ある日『女の人は見た目をキレイにしていればいいからラクだよね』と、男性社員に言われた。話ばかりして仕事をしない人に言われたくない!
次の会議からたくさん発言したり、仕事で成果をあげていたら『女のくせにやるじゃん!』と、手のひらを返したように褒められました。が、褒め方も男女差別されているようでイライラしました。見た目や性別で判断されるのはムカつきます」(20 – 24歳・公務員)

▽ モチベーションを上げるためのオシャレを「媚びを売っている」と思われたら心外です! 褒められても「女性なのに」なんて言われたら下に見ていることがバレバレですよね……。

「女は仕事ができないから面倒くさい」

「グループ活動のリーダーの男子が全く仕事ができなくて、私がサブリーダーだったから代わりに全部やっていた。その男子に『手伝ってよ!』と言ったら『女は仕事ができないから面倒くさい』と言われた」(~19歳・中学生)

▽ 自分の仕事を押しつけておいて「手伝って」と言われたら「仕事ができない」なんて……。女性差別をする男性って理屈がめちゃくちゃです。

次回は第3位をご紹介します!

2021.05.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

原桃子

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介