イラっとポイントを刺激される! 旦那に家事を頼むと起こること5つ

2021.04.26

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

夫婦で暮らしていると、どちらかに家事や育児が偏りがちになることもあるもの。共働きであっても「自分の負担が多いのはなんでなの?」と頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。また、家事を頼んでも自分の思うようにこなしてもらえないと、「自分でやったほうが早い」なんて思ってしまいますよね。
ここではそんな、イラッとポイントを刺激してくるパートナーの家事を聞いてみました。

食器を洗うだけで生ゴミの処理をしない

「子どもを産んでからの職場復帰後、家事分担が偏っていたので改めることに。私がご飯を作るから食器を洗ってねと夫に頼んだら、洗ってはくれるけどキッチンのシンクはびしょびしょ。生ゴミの処理をしてくれないからにおいもひどいし、本当にただ食器を洗うだけ。なんとかしてほしい」(30代/IT)

▽ 食器洗いをするといっても、本当に食器だけ洗えばいいというものではありません。食器洗いをしたあとにシンクにたまった生ゴミを処理し、キッチンに飛び散った水を拭くのが完了するまでが食器洗い。食器だけ洗うなら子どもだってできますよね。

洗濯機をまわすけど…

「旦那のほうが出社が早く、私のほうが朝起きるのが遅いから洗濯機をまわすのをお願いしているんだけど、いつも洗濯機のボタンを押すだけ。部屋やトイレやキッチンのタオルを回収してくれないから、結局私がまた洗濯機をかけなおすことになる。それくらい気づいてほしい」(30代/webデザイナー)

▽ 洗濯機をまわしてとお願いすると、ボタンだけ押すそう。家のなかにあるタオル類を回収してもらわないと、使うタオルがどんどんなくなっていきますよね。

ゴミ捨てに行ってもゴミ袋を設置しない

「ゴミを回収してゴミを捨てることまではやるけど、ゴミ袋を設置してくれない。毎回私がゴミを捨てるときに、ゴミ袋が設置されていないことに気づいてイラッとする。どうせやるなら最後までちゃんとやってほしい」(30代/公務員)

▽ ゴミ捨てに行くのはいいものの、新しいゴミ袋をゴミ箱に設置していないため、ゴミを捨てるときにイラッとするそう。地味なことですが腹が立ちますよね。

子どもをお風呂に入れたあと保湿しない

「子どもをお風呂に入れてくれるけど、毎回子どもの保湿を忘れること。冬は特にひどくて、子どもの肌はガサガサに。どうしてかと思ったら、夫がお風呂上がりに保湿を怠っていたからだった。子どもの肌のケアくらいきちんとしてほしい」(20代/看護師)

▽ 子どもをお風呂に入れたあとに保湿を怠るため、子どもの肌が乾燥してしまったのだとか。子どものスキンケアは徹底してほしいものです。

掃除機をかけるのは床のほんの一部

「掃除機かけたよって言うけど、ラグの下はかけていないし、椅子も動かさずに掃除機をかけているから食卓の下は汚いまま。掃除ロボットのほうがまともに掃除してくれるから導入したい」(20代/保育士)

▽ 掃除機をかけるといっても、ラグも椅子もどかさず適当にかけられただけ。それでは床はきれいになりません。

2021.04.26

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

はくまい

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介