気をつけて! 夫をゲンナリさせる夫婦デート中の妻の言動3つ

2021.02.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

別居婚や週末婚でない限り、結婚をしたらパートナーとは同じ家にいますよね。正直なところ、それならわざわざデートをしなくてもいいのではないか、と思ったりしませんか? しかし、いつまでも仲良しなカップルは結婚した後も定期的にデートをしていることが多いようなのです。
いつまでも恋人同士だった頃の気持ちを忘れないことが、夫婦関係を円満にする秘訣なのかもしれません。

恋人時代の気持ちを思い出して

パートナーには自分の“他人には見せたくない部分”をすでに見せてしまっているし、短所や嫌なところも知られてしまっています。
しかし「恥ずかしいところを全部知られてしまっているわけだから、別にもう頑張っていいところを見せようとしなくてもいいだろう」と適当になり過ぎるのはNG。その中でもとくに気をつけたいのがデート時の言動です。

夫婦デート時の幻滅ポイント

(1)デートプランのダメ出しをする

「デートプランに文句をつけるのはやめてほしい。結婚前はそんなことなかったのに」(32歳/不動産/男性)

▽ 家族になると、途端に今までなら言えなかったことをズバズバ言えるようになったりしませんか? それがプラスにはたらくこともあるけれど、大抵はマイナスにはたらいてしまったりして……。
家族になったからといって無神経になんでもズバズバ言っていい、ということはないのです。親しき仲にも礼儀あり。尊敬の念を忘れずにいきましょう。

(2)オシャレをしない

「せっかくのデートなんだから、普段着で来るのはやめてほしいです」(27歳/美容師/男性)

▽ 交際中は彼に少しでもカワイイと思われたくて、服装やヘアスタイル、もちろんメイクにも気合いを入れていたと思います。しかし結婚してからというもの、身支度がなおざりになってしまっている人も多いのでは?
結婚前だろうと後だろうと、「自分とのデートには気合いを入れてきてほしい」と思うのが男心というものなのです。

(3)大盤振る舞いをする

「結婚している以上、生活をしていかなければならないわけだから、あまりにも大盤振る舞いをするのはどうなんだろうか。責任感が欠如しているように感じます」(35歳/塾講師/男性)

▽ こちらは結婚して生計を共に立てているからこそ出てくる不満ですね。いくら大好きな彼とのデートでテンションが上がってしまっているとはいえ、それでも家計をかえりみずに大盤振る舞いしてしまうのはNG。
収入と支出のバランスを見ながら、それらに見合ったデートプランを設定することも、デートを心から楽しむためのコツのひとつと言えそうです。

リアルな声から見えてきたことは?

交際中ならいざ知らず、結婚後はただの面倒くさいイベントでしかないのかと思いきや、意外にも男性たちはパートナーとのデートを「けっこう楽しみにしている」らしいのです。
だからこそパートナーにも同じようにデートを楽しみにしていてほしいのでしょう。まさに、初心忘るべからず。いつまでも愛される妻でいるために、できる限りの努力はしておきたいものですね。

2021.02.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

小林ユリ

Written by 小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。 考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、 「Don’t think. Feel!」ってことで! Twitter @ohana2425  写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子

いしいぬ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介