自分痛かったなぁ…。女性陣の黒歴史すぎる厨二病エピソード【恋愛編】

2021.02.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

厨二病が最大限に発揮されがちな恋愛。普段は真面目な女子ほど、恋愛が絡むとなぜか暴走して痛々しくなっていたことも……。当時は若いから大目に見てもらえたものの、いまやったら確実にヤバいだろうなと思いますよね。そこで今回は「女性陣の厨二病エピソード【恋愛編】」をご紹介します。

恋愛日記をつける

「当時同級生に片思いをしていたのですが、思いをつづった恋愛日記を書いていました。『今日も一言も喋れなかった。切ない……』『もう振り向いてもらえないのカナ……』など、完全に自分に酔いまくりでした」(20代/美容関係)

▽ これは恋する女子あるあるかもしれませんね。お母さんに見られていたのかと思うと、恥ずかしすぎてジタバタしてしまいます。

マンガやアニメのキャラを…

「当時お気に入りのキャラがいたのですが、なぜかそのキャラを彼氏と言い張っていました。そのキャラと美化した自分の似顔絵を描いて、みんなに見せたりしていたなぁ。周りも厨二病仲間だったので受け入れてくれていたけれど、もう忘れていてほしいです」(20代/栄養士)

▽ 同級生男子より、2次元に恋をしがちな学生時代。とはいえキャラを彼氏扱いするなんて、なかなかぶっ飛んでいますよね。厨二病になると、何をしでかすかわからないから恐ろしいものです。

暗い過去がある子を装う

「マンガの主人公って、暗い過去があったりするじゃないですか。それに憧れて好きな人に『実は私、誰にも言っていない秘密があるの』とか言っていました……」(30代/福祉)

▽ 当時は「暗い過去=カッコいい」なんてイメージがあったもの。そのため自らツラい過去を作り上げていた黒歴史も。男性も突然の暴露に、何事かと思ったことでしょう。

前略プロフやリアルで匂わせる

「彼氏とうまくいかないと、リアルに『はぁ。どうして私ってこんなにダメなんだろう……』って呟いていたこと。逆に好きな人ができると『恋ってやっぱいいよね』とか書いていました。それでみんなから『どうしたの?』ってコメントをもらえるのを待っていたんですよね。面倒くさい奴だったなと思います」(20代/販売)

▽ これはいまでもTwitterやストーリーなど、形を変えて受け継がれていますよね。たいしたことじゃないのに大げさに書いて、周囲の気を引いていたもの。「みんなもやっていたから」と言えばそれまでですが、幼稚な自分に恥ずかしくなります。

恋愛上級者を気取る

「彼氏すらいたことがないのに、少女マンガや雑誌の知識から恋の達人を気取っていたこと。恋愛に悩む友達に『告白はもうちょっと待ったほうがいい!』『キスは3回目のデートですべし!』とか伝授していました……」(30代/IT)

▽ 実際の恋とフィクションは違うことすら知らなかったあの頃。得た知識をもとにアドバイスをし、いつのまにか同級生から「姉さん!」なんて呼ばれることもあったようです。

2021.02.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介