手作り弁当に彼が放った一言…若かりし頃の「最悪デート」5選

2021.02.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

若い頃はたった1回のミスが致命的になりがち。いまなら笑って切り替えられることも、当時は破局の原因になったもの。昨日まであんなに仲がよかったのに、デートの翌日にはお別れ……なんてことも珍しくなかったでしょう。
そこで今回は、「若かりし頃の『最悪デート』」をご紹介します。

お金がなくて…

「デートで遊園地へ行ったのですが、彼のお金が足りなくて入れなかった。私も自分のぶんの手持ちしかなく、お金をかせなくて。せっかくの休日にグダグダしすぎて、テンションが下がったのを覚えています」(30代/一般事務)

▽ 学生時代は特に金欠だった人も多いはず。とはいえ当日になってお金が足りない彼は、さすがに計画性がなさすぎるかも。「何のためにここまで来たんだろう」と考えてしまいます。

クリスマスなのに…

「念願の彼氏とクリスマスデート! だけど当時は予約の概念がなく、どこのお店もいっぱいで入れず。何とか食事ができないかと、ひたすらグルグル歩き回りました。でも頑張って探しても見つからず、数時間たって彼から『もう帰ろっか』と言われてバイバイしました」(20代/住宅)

▽ まだ若いと経験が浅いので、予約するという発想は出てこないかも……。こういう失敗を経て、人は成長していくのかもしれませんね。

ペアリングで…

「大学生のときに彼とペアリングを買ったのですが、デート時にどちらかがつけてこないとプチゲンカになっていた。ある日彼が私の誕生日にペアリングを忘れてきてブチ切れ。『私のことなんて好きじゃないんだ!』と大泣きしましたね。彼も彼だけど、私も子どもだったなって思います」(30代/サービス業)

▽ ペアのものって購入時はワクワクするのですが、何気に揉めごとの原因になりがち。どちらか片方がつけていない、もしくはなくすなんてことがあると、別れの危機に直面します。ある意味ペアリングがトラウマになりそうですね。

雨天時のことを考えておらず…

「旅行プランを立てたものの、ふたりとも天候のことを全く考えおらず……。旅行中は3日間ずっと雨でホテルにこもりきりに。お互いスマホばかりいじっていて、かなり険悪なムードでした」(20代/接客)

▽ 雨でデートがダメになってしまうと、気まずい空気に。とくに旅行はめったにできないからこそ、予定が狂うと残念な気持ちになってしまいます。こちらは何パターンかプランを練っておく必要がありそうですね。

お弁当を作っていったら…

「彼とのピクニックの際、喜んでもらえると思ってお弁当を作っていったんです。でも当時料理はあまりしたことがなく、あまりいい出来栄えとはいえなかった。そしたら彼が食べた瞬間『うーん……ビミョーだね』と一言。すごくショックで『じゃあもう食べなくていいから!』とキレてしまいました」(20代/医療事務)

▽ おいしくなかったのは申し訳ないですが、彼も彼ですよね。頑張って作ったのですから、少しは気を使ってくれてもいいでしょう。「デリカシーがないな」と冷めてしまいそうです。

2021.02.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

和

Written by

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367 お悩み相談はこちらまで:[email protected]

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介