好きな人に注目されたい…若気の至りな「かまってちゃん」エピソード

2021.01.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

好きな人ができると、いい意味でも悪い意味でも自分に注目してほしくて、イタい行動をとってしまう人もいるのではないでしょうか。マイナスな感情でも心配や不安をあおる方法でもいいから、自分のことを見てほしい! そんな「かまってちゃん」になるケースもあるようです。
ここではそんな、好きな人に注目してほしいがためにやってしまった、「かまってちゃん」エピソードを聞いてみました。

好きな人に注目してほしくてやったこと

わざと怒らせることを言って反応を見る

「彼が私に時間を割くことがうれしくて、わざと怒らせるようなことを言って反応を見ていた。『ドーナツを食べたい』と言ってドーナツ屋に行って、食べたかったドーナツがないと、『他のドーナツ屋に行く』とわがままを言ったり。
あと、電車が走っていない時間なのに『今から来て』って電話したり。冷静になると、正気の沙汰ではなかった」(30代女性)

▽ 相手を試すためにわざと怒らせるようなことを言ったり、わがままな言動を繰り返していたりしたそう。相手の愛をわがままではかろうとするなんてナンセンス、だと気づく頃にはもう手遅れだったりしますよね。

前置きに「すごいことがあって…でも言うと引かれるかも」

「SNSで意味深なことをつぶやきまくった。好きな人に『どうしたの?』『何があったの?』って聞かれたくて、『すごいことがあって……でも言うと引かれちゃうから言わない』というつぶやきを何度もしていた。全然効果がなかったけど」(20代女性)

▽ 相手からのリアクションがほしくて、どうでもいいことをすごいことのように秘密っぽくつぶやいていたそう。意味深に周りの目をひきつけようとしている行動が、はたから見るとイタいということに気づかずに、繰り返していたそうです。若気の至りですね。

「仕事を辞めたい…」「もう辞めるかも…」で、辞めない

「会社の同期の男の子が好きだったとき、相談に乗ってもらいたくてSNSで思わせぶりに『仕事を辞めたい』『もう辞めるかも』とか書き込んでいた。狙い通り同期から心配されたけど、それ以上にはならなかった。影では私の言動を見ていた子が『あの子、辞める辞める詐欺だから』と言っているのがわかって、恥ずかしくなった」(30代女性)

▽ 「仕事を辞める辞める」とSNSで言いながら、同じ職場の人の気を引こうとしていたそうです。好きな人だけでなく、他の人にまで見られているということをつい忘れてしまったのだとか。

「ブスすぎて病む」+決め顔自撮り

「ダイエットして20キロくらい痩せたのがうれしくて、自撮り写真を複数SNSに投下。でもナルシストだと思われたくなくて、『ブスすぎて病む』って言葉をつけて盛れた写真を載せて、好きな人から『かわいい』のコメントを待っていた。好きな人どころか、誰からもリアクションがこなくてそっと削除した」(30代女性)

▽ 王道の盛れた自撮り写真に、「ブスすぎて病む」の言葉。本当にひどい写りならともかく、盛れている写真に対してつけるコメントではないですよね。かわいい待ちなのは、誰の目から見ても明らかです。

2021.01.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

小林リズム

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

春風のの

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介