褒めたつもりでも…「男子に言わない方がいい」と悟ったエピソード

2021.01.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

女性的には褒め言葉のつもりでも、彼らがどう捉えるかはわかりません。もしかしたら何気ない一言が、悪い意味で男性の運命を変えてしまうかもしれません。そこで今回は「彼らに言わない方がいいと悟ったエピソード」についてご紹介します。

華奢男子がハードな肉体改造を開始

「華奢な彼氏に、しょっちゅう『細くていいね!』『私のお肉をわけてあげたい!』なんて言っていました。でも彼は太れないのが悩みだったようで、無理矢理肉体改造を開始。食事制限やジム通いがあまりにハードすぎたのでとめたのですが、聞く耳を持ってもらえず。体脂肪率を1桁台まで絞る彼を見ていたら、罪悪感でいっぱいに」(20代/接客)

▽ コンプレックスから筋トレにハマりすぎる男性も少なくありません。いまの彼が好きなのであれば、「細い」「華奢」などのワードは禁句でしょう。

色白男子がガングロに

「もともと色白な弟は、周りからしょっちゅう『色白いね』と言われていた。それがイヤだったようで、あるときから日サロで焼くようになりました。どんどん黒くなっていく弟が心配で、私も母も何度も注意したのですがダメで……。まさか弟がここまで悩んでいたとは知らず、複雑な気持ちになりました」(20代/一般事務)

▽ 女子からすると羨ましい色白ですが、その褒め言葉が彼らにも響くとは限りません。「カッコいい」ならともかく、相手がどう捉えるかわからない一言は待った方がいいのかも。

給料についてツッコんだら…

「彼と給料の話になったとき、『大変なお仕事なんだから、もっと給料をもらってもいいよね!』と言ってしまったんです。でもそれ以来、彼の様子がおかしくなってしまって。ある日『俺の収入じゃ○○ちゃんを幸せにできない』とフラれてしまいました」(30代/住宅)

▽ 金銭問題はかなりデリケート。自分ではフォローのつもりでもプライドを傷つけるおそれがあります。彼の全てを把握しようとすると、ダメになるケースも多いもの。あまり深入りしない方がいいかもしれません。

優しかった男子が…

「男友達は昔からいい人止まりなタイプで、本人もかなり悩んでいました。そんな中やっと初カノができたんだけど、向こうは遊びだったようで。最後に『○○くんはいい人だから、すぐに彼女ができるよ』とフラれたことをきっかけに、性格が180度変わってしまった。
平気で浮気やワンナイトをするし、お酒やたばこにも手を出すようになりました。周囲が諭しても聞いてくれないし、あの元カノの罪は重いなと思います」(20代/アパレル)

▽ 「いい人」って褒めているようで褒めていないですよね。ましてや彼女から言われたらショックすぎます。彼もいい人な自分を脱却するために、間違った方向へ進んでしまったのでしょう。あんなに優しかった男子が変わっていく姿は、見ている方が切なくなります。

2021.01.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

はくまい

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介