スピード離婚はこれが原因かも…結婚すると態度が豹変する男性の心理

2020.12.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

つい最近結婚したという報告がきたと思いきや、今度はスピード離婚したという話が飛び込んできた、なんてことはありませんか? もちろん離婚の原因はさまざまでしょうが、なかでも結婚したとたん、彼の態度が豹変したというケースも少なくないようです。
今回はそんな、ちょっと信じがたい男性の心理に迫ってみました!


結婚すると態度が豹変する男性の心理

結婚によって安心してしまい、つい自分本位な面が出てくる

結婚とは一生の愛を誓うものであるはず。だからこそ結婚することで得られる安心感や絶対的な安らぎは、かけがえのないものといえるでしょう。結婚したからには裏切られない、見捨てられたりしない、という気持ちも出てくるかもしれません。
しかしそうなると、つい本来の自分勝手で自分本位な一面が出てくるということもあります。結婚というステータスに甘えきってしまい、ワガママな部分が出てしまうというのは、未熟さのあらわれですね。

夫なんだからという自意識が芽生え、前のめり気味になっていく

付き合っているときはやさしくて理想的な彼氏だったのに、結婚したら急に態度が横柄になったり、俺さま的な発言が多くなったりする……というのも気をつけたいサイン。
そんな彼ほど結婚に対して古い意識を抱いていて、「夫なんだから、一家の主なんだから」という自意識が芽生えて前のめり気味になっていくのです。どこでそんな自意識を育てていったのかはわかりませんが、こんな豹変ぶりはかなりやっかいです。

自分の親を手本にしており、父親と同じような態度をとるようになる

彼自身に悪気はなくても、実は自分の親から夫婦のあるべきかたちを刷り込まれている可能性もあります。彼の父親が亭主関白タイプで、妻や子どもに対して威張ったりする人だと、彼も無意識のうちにそれが夫なのだと思い込んでしまっているかもしれません。
結婚前にそれを見抜けなかったのは残念ですが、本人も気づいていないような場合、そこから軌道修正していくのは難しいかもしれません。

そもそも結婚することが目的で、結婚できたとたん気持ちが緩みきってしまった

社会的に安定したステータスになりたいのか、あるいは子どもが欲しいのか、その本意はよくわかりませんが、とにかく結婚すること自体が目的で、結婚したとたんに気持ちが緩みきってしまったというパターンもあります。
この場合、明らかに結婚前は「いい彼氏」を演じていたことでしょう。確信犯であり、すぐに許せる気持ちにはなれませんが、結婚をスタート地点と割り切って考えてみるというのも解決策です。

まとめ

やさしかった彼が結婚を機に豹変、なんて考えたくもない最悪なシナリオですが、少なからずそういったパターンもあるようです。「この人を一生愛し、共に生きていく」というのが結婚であり、そう簡単に撤回できるものではありません。
だからこそ相手がどんな人で、どんな考えを持っているのか……そこをしっかり見極めて判断しなくてはいけませんね。

2020.12.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介