デートのイメトレ!?「好きな人ができたとき」あるある5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
ROI

Written by:

2020.11.29.Sun

好きな人ができると、毎日の行動に変化があらわれます。周りから言われて自覚することもあるかもしれませんが、大半は「私、今恋をしているんだな!」と自分で気がつくことが多いのではないでしょうか? 今回は女性たちに、好きな人ができたときのあるあるについて聞いてみました。

お腹が空かなくなる

「普段はかなり食いしん坊な私ですが、好きな人ができるとまったくお腹が空かなくなります。普通の量の食事も食べきれず、周りからは『具合が悪いんじゃない?』と心配されることも。意中の人とのご飯デートではさらに食事が喉を通らず、小食と勘違いされてしまいます」(27歳/金融)

▽ 恋をすると、胸がグッと苦しくなるもの。ご飯を食べなくてもお腹が空かず、体力が落ちているかと思いきや、いつもよりも精力的に行動できたりする不思議……。恋愛のパワーは大きいですね。

新しい服が欲しくなる

「好きな人ができると、つい新しい服を買ってしまいます。試着室でも彼の顔が頭に浮かんできて、『こういう服、好きかな』『可愛いと思ってもらえるかな』なんて考える時間も楽しい。いつデートに誘われてもいいように、彼とのデートを想定した洋服を買ったりもします」(25歳/美容関連)

▽ おしゃれをした姿を見せる対象がいることで、服選びが楽しくなるという女性も。いつもとは違うテイストに挑戦したり、彼好みの洋服を模索したりすることで、ファッションの幅も広がりそう。

スマホが気になって仕方ない

「スマホを見るペースが頻繁になっていると、恋をしているなと思います。彼からの連絡はきていないとわかっていても、つい画面をチェックしてしまって。ときにはスマホが気になりすぎて仕事が手につかなくなることも……。気になる男性がいないときは、基本スマホは放置」(30歳/不動産)

▽ 彼からの連絡を待つもどかしい時間。連絡がこなければ落ち込みますし、きたらきたで「なんて返せばいいのかな」「すぐに返信したら引かれるかな」など、新たなソワソワが生まれるものです。

デートのイメトレをする

「意中の男性からデートに誘われたときのことを想定して、イメージトレーニングをします。当日の服装や持ちものから、会う場所はどうするか、会話につまったらどんな話をふるかなど、考えるとキリがありません。心配性なので、不測の事態が起きるのが怖くて……」(28歳/看護師)

▽ 好きな人とのデートは、余計に「失敗したくない!」という気持ちが強くなるもの。あまり深く考えずに、その場のノリで接することができればいいのですが、イメトレをしたくなる心境もわかります。

情緒が不安定になる

「急にハイテンションになったかと思えば、次の瞬間には落ち込んでいたりと、情緒が不安定に。『彼とうまくいかなかったらどうしよう』『他の女性にとられてしまうのでは』など、心配になってしまって……。深夜に友達に電話したり、占いに走ったりしたこともあります」(30歳/事務)

▽ 気分の上がり下がりが激しくなるというのも、好きな人ができたときのあるあるですよね。その結果、我に返ったときに「なぜあんなことを……」と後悔することも。

まとめ

好きな人ができたときのあるあるをご紹介してきましたが、共感できるエピソードはあったでしょうか? 平常心でいようとしても、そうはいかないのが恋愛というもの。いつもの自分とは違う行動や考え方さえも、恋の醍醐味として楽しめるようになれたらいいですね。

記事を書いたのはこの人

Written by

ROI

都内在住フリーライター。クラフトビールとハイボールが大好き。こじれ気味な独身生活を経て、何とか結婚にたどり着いたアラサーです。自身の経験をもとに、リアルな等身大の女子&男子の本音をお届けできればと思います!