やっぱり好き! 交際期間の長い彼女に「ドキっとしてしまった」瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2020.11.29.Sun

交際期間が長くなってくると、どうしても付き合い始めの頃のような新鮮さは失われてくるもの。でも彼女の立場としては、いつまでたっても彼にドキドキしてもらえる関係はうれしいものですよね。
今回は、長いお付き合いの彼女でも「ついドキッとしてしまった」瞬間について男性の意見を聞いてみました。

他の男性と楽しそうに話していたとき

「ご飯を食べているとき、偶然彼女の同僚の男性と同じ店でバッタリ。すごく親しそうに他の男性と自分の知らない話で盛り上がる姿を見て、ちょっと嫉妬。『仕事中はこんな感じなのか』と知らない一面を見て、ドキッともした」(医療関係会社勤務/28歳)

▽ 彼氏、彼女として付き合っている関係と、外部の人に見せる顔は違うもの。普段とは違う一面を見る機会があると、相手のことを見る目もまた変わります。いつも2人だけで会っている場合は、他の人を交えて会うのもいいのではないでしょうか。

弱い姿を見たとき

「彼女はしっかりした女性だと思っていたのですが、あるとき仕事で落ち込んでいたことがあって、僕に『何も言わなくていいからギュッと抱きしめて』と頼ってきた。こんな弱い面もあるのかとドキッとしたし、支えてあげたいと感じました」(広告関連会社勤務/25歳)

▽ 真剣に付き合っているからこそ、相手の悪い面やネガティブな面も受け止めてあげたいと感じるもの。いつも彼の前で頑張っている姿しか見せていないという女性ほど、たまには弱い部分も見せたほうが、お互いの距離が縮まるかもしれませんよ。

美容院帰りでうれしそうな顔を見たとき

「コロナのせいでしばらく美容院に行けていなかった彼女が、久しぶりに『スッキリした!』と美容室からルンルンで帰ってきた姿を見て、『幸せそうだな、やっぱり可愛いな』とドキッとしてしまいました」(27歳/IT関係会社勤務)

▽ 彼女のとびっきりの笑顔や幸せそうな顔は、彼氏だからこそ見られる特権でもあります。交際期間が長くなると、他の人の前では気を使っても「彼氏の前ではわざわざ気を使わない」となりがちですが、笑顔や楽しい雰囲気を作ることは忘れないようにしたいものですね。

まとめ

長く付き合っていても、「こんな一面も持っているのか」と新鮮な一面を見ることができると、「この人のことをもっと知りたい」という気持ちが続き、相手に飽きるということがありません。
また、嫉妬心も新鮮さを取り戻すためのスパイスになります。わざと嫉妬させる必要はありませんが、他の男性からも意識されるくらいに「女を捨てない」意識も大事ですね。

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere
Facebook https://www.facebook.com/fumina29

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子