シンプルに嫌い! 彼氏の女友達エピソード4選

2020.11.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

彼氏の女友達のこと、好きですか? 実際に仲良くしている人はごくまれ。現実は、距離を置いたり、「なんか嫌だな」と感じることがほとんどなのではないでしょうか。なかには「彼の女友達には会ったことがない」「会う必要がない」と感じる人も多いようです。ここではそんな、彼氏の女友達にまつわるエピソードを聞いてみました。

彼氏の女友達エピソード4選

「恋人に見られたことあるんだよー」という報告

「彼氏の女友達と会ったとき、謎に“私たち恋人に見られたことあるんだよー。ありえないよねー?”ってマウントとられた。それ、彼女に言うってどういう神経してるの? なんのための報告? ってイライラしっぱなしだった」(20代/保育士)

▽ いったいそれは、なんのための報告だろう……という発言をする人も。過去に彼から告白されたとわざわざ伝えてくる人や、恋人に間違われた話、相性がいい話などわざわざ報告してくるそうです。じつは彼のことを狙っているのかもしれませんね。

2人にしかわからない話をされる

「彼氏の高校時代から仲がいい女友達を紹介されたんだけど……。女友達の方が2人にしかわからない話をしたり、高校時代の思い出や高校時代の友人の話を持ってきたりして、私は全然ついていけなかった。
そんなに積もる話があるなら、2人で会えばよかったじゃん。のけ者にされたようですごく気分悪かった」(20代/介護士)

▽ 3人で会っているのに、まるで彼女はいない存在かのように、2人にしかわからない話をされ続けたようです。思い出話に花を咲かせるのはいいですが、彼女に疎外感を与えるのは違うもの。思いやりをもつところから出直してきてほしいものです。

「手がかかる男だけどごめんねー」と言われ…

「大学のときからの彼氏の女友達に会いたいと熱望され、実際に会ったら“えー、めっちゃかわいー! ○○(彼氏の名前)のタイプなわけだあ”と謎に上から目線。
しかも、“手のかかる男だけどごめんねー。よろしくねー”と挨拶されて、この人のこと嫌いだなって思った。手のかかる男って、どこから目線なの? こっちは彼女だわ!」(20代/IT)

▽ 女友達というポジションで、謎の上から目線な女友達、いますよね。「こんなヤツだけどよろしくね」「手がかかるけどごめんね」などと、どんな立場から物を言っているんだという発言のオンパレード。彼女という立場から聞いているとイライラしっぱなしだったそうです。

やたらとボディタッチしたがる

「グループ内で付き合っているんだけど、そのなかでも彼と仲がいい女友達がやたらとボディタッチしていてみていてウザい! ことあるごとにハイタッチ、立ち上がるときは彼の肩に手をついて……と、とにかく隙があれば触ろうとしていてしんどい」(20代/広告代理店)

▽ 彼女の前であってもやたらとボディタッチをしてくるそう。ハイタッチや立ち上がるときに手をつくなど「それ、触る必要ある?」というコミュニケーションのとり方に疑問を抱いたそうです。

2020.11.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介