我ながら「史上最強に可愛かった」と思うクリスマスは?【片思い編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2020.11.21.Sat

片思い中って、彼のことで頭がいっぱいになるもの。特にクリスマスシーズンは“恋する乙女”になっていた人もいるのではないでしょうか。そこで今回は「我ながら『史上最強に可愛かったな』と思うクリスマス」【片思い編】をご紹介します。

気になる彼をデートに誘いたい!

「当時男友達に片思いしていて、なんとかデートに誘えないかと必死だった。『私、クリスマス暇なんだよね~』『どうせ○○もぼっちでしょ?』なんて探っていましたね。結局デートはできず、クリスマス当日は家族と過ごしました……」(27歳/食品)

▽ そりゃあ気になる彼とクリスマスデートしたいですよね! とはいえ直接誘うのは恥ずかしいので、遠回しにデートへ導こうとしていたみたい。
でも現実は厳しく、成功する確率は極めて低かったもの。当時はデートできず落ち込みましたが、いま思うと「自分にも可愛いところがあったんだな」と思います。

飲み会に片思い中の彼がいて…

「サークルで『クリスマスぼっち会』をやったのですが、なんと気になる彼も参加することになったんです。どうやら1週間前に彼女からフラれて、急遽出席したそう。まさかクリスマスに彼と一緒にいられるなんて……。もうそれだけでうれしかったですね」(29歳/広告)

▽ 仲間内での飲み会だとはわかっているものの、クリスマスに彼と会えるだけで特別感があります。顔を見られるだけで十分だと思えることが、何だか可愛らしく感じますよね。歳を重ねたいま、あの頃の純粋さが残っているかは少々疑問かも……。

「バイト先に来なよ!」と言ってもらえた

「片思いしていた先輩に勇気を振り絞って、『クリスマス何されるんですか?』とメールしたのですが、『バイトだよ』と言われてしまって……。
でもそのあと『俺、駅前の居酒屋でバイトしているんだよね』『友達と食べに来れば? サービスするよ!』と返信がきました。深い意味はないんだろうけれど、超ドキドキしましたね。当日はオシャレして先輩のバイト先に行きました」(30歳/人材)

▽ たとえお客さんだとしても、嫌いな子をバイト先には呼ばないはず。ましてやクリスマスに誘ってくれるなんて、特別感があって胸キュンしますよね。彼とは何もなかったとしても、忘れられない思い出になるでしょう。

ぼっち=寂しいと思い込んでいた

「ぼっちクリスマスは寂しいと思い込んでいたこと。でも好きな人には振り向いてもらえないので、何となく付き合えそうな男子にアプローチしていました。
いま思うとかなり失礼ですよね……。でも彼氏を作ろうと必死だったあの頃が、ある意味可愛いなって思います」(31歳/サービス業)

▽ イベント時にシングルだと、やたら孤独を感じていたあの頃。クリスマスは誰かしらとデートしたいと必死だったのが、いま振り返ると「若いな」と思います。当時の恋愛へのエネルギーを、いまの自分にわけてあげたいくらいかも。

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]