ご機嫌取りは必要なし! 彼氏が急に不機嫌になったときの対処法

2020.11.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

人の気分はコロコロ変わるもの。だからといって、自分のイラッとした気持ちをむやみに身近な人にぶつけていいわけではありません。ちょっとしたことで不快に感じたり、嫌だなと思ったことがあれば不機嫌さではなく冷静に理由を説明してほしいもの。
今回はそんな「彼氏が急に不機嫌になったときの対処法」をきいてみました。

機嫌が直るまで放っておく

「放っておく! 自分で機嫌を悪くしたなら、自分で機嫌を直せるまで放っておくのがお互いのためにベスト。
だから食事をしているときに待ち時間が長くて彼氏が不機嫌になっていたんだけど、私も同じようにムスッと黙り込んですごく楽しくない食事になったことがある……」(20代/看護師)

▽ もっとも多かったのは、本人の機嫌が直るまで放っておくというものでした。わけもわからず機嫌が悪くなっても、こちらもどうしようもないもの。放っておくのが一番面倒なことにならないと考える人が多いようです。

「どうして機嫌が悪いの?」ときく

「機嫌の悪さが私の言動のせいかもしれないから、彼が機嫌が悪そうだったら“どうして機嫌が悪いの?”ってきく。でもだいたい“機嫌悪くないよ”ってイラッとしながら返ってくることが多い。子どもじゃないんだから自分の機嫌は自分でとってほしい」(30代/公務員)

▽ ストレートに機嫌が悪い理由をきくという人も。機嫌が悪い人を相手に「どうして機嫌が悪いの?」ときいたらますます機嫌が悪くなりそうですが……。自分でもなんで機嫌が悪いのかわかっていない人はハッとするかもしれません。

「その態度が不快」と伝える

「勝手に機嫌が悪くなって相手に気分を悪くさせてるっていう自覚があるのか知りたい。だから私は相手が機嫌が悪くなったら“そういう態度が不快だから直して”って言っちゃう。
そうすると、態度を直してくれる人ともっと不機嫌になる人がいて、男の器の大きさがわかるというか……」(30代/飲食)

▽ 不機嫌な態度が不快だということを伝えるそうです。相手は自分勝手に不機嫌になっているのかもしれませんが、彼女からしたら不機嫌になられていい気はしないもの。「不快なんだけど」「迷惑なんだけど」と伝えることもひとつの手です。

気づいていないふりをする

「相手の機嫌の悪さに振り回されるのは悔しいから、気づいていないふりをして普通に接する。イラッとしたり黙り込んでいても“この○○おいしくない? 調味料なに使ってるのかなー”とかひとりで盛り上がって勝手に話を進める」(20代/学生)

▽ 相手が不機嫌なことに気づいていないふりをしていつもの状態を貫くという人も。相手の不機嫌に巻き込まれないコツなのかもしれません。

相手を上回るイライラをぶつける

「相手が不機嫌になっていると私も不機嫌になる。なんで機嫌悪いの!? 私のせいなの!? 機嫌悪いのがムカつくんだけど! って怒っているうちに、相手のほうが自分の機嫌をとるようになる」(20代/IT)

▽ 意外といたのが、相手がイライラしていると自分はもっとイライラしてしまうというもの。相手の不機嫌を上回る勢いでイライラするので、相手のほうから不機嫌を直してくれるそうです。

2020.11.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介