結婚してから変わってしまった女友達のエピソード

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2020.10.23.Fri

大学に進学したり、就職したり、結婚したり、私達の人生にはいろんな転機があります。そのなかでも結婚は大きな転機で、結婚した相手によってはキャラクターがガラッと変わってしまうなんてことも。
今回はそんな、結婚してから変わってしまった女友達のエピソードを集めてみました。

いつも疲れ果てている

「結婚する前は典型的なキラキラ女子だった友人。
いつもキレイにしていたし、一緒にいるとワクワクさせてくれるようなそんな子でした。でも結婚してからは、浪費家で子作りにも非協力的な旦那さんに振り回されて、いつも疲れ果てたような姿に。
ケンカも絶えないようで、私と話しているときにも話し方がキツくなったりしていて、変わってしまったなあと思いました」(30歳・Eさん)

▽ その友達の求めていたような結婚生活ではなく、疲弊しているんでしょうね……。

愛を選んだ末に…

「友人の一人が夢を追い求めるバンドマンと結婚。結婚式を挙げることもできないくらい貧乏生活だったけど、幸せそうでした。最初の数年間は……。
でもお金がなくてもポジティブだった友人も、ことあるごとに「お金がなくて」と口にするようになって。『結婚するなら、愛なんかより絶対にお金だよ』とまで言うようになってしまいました」(28歳・Aさん)

▽ 希望のない貧乏生活に嫌気がさしたんでしょうね。

旦那さんの優しさに甘えて自己中に

「優しくて気の利く女の子だった友達が、旦那さんの優しさと財力に甘えてとんでもない自己中に変身してしまいました。
イエスマンの旦那さんとの生活に慣れてしまったせいか、私達女友達と意見が合わないとすぐに怒って、自分の意見が通るまで話を無視するという大人気ない態度をとるように。
欲しい物があれば旦那さんがすぐに買ってくれるようで、会うたびに買ってもらったものの自慢大会。会っても楽しくないなと思うようになりました」(29歳・Kさん)

▽ 旦那さんは、変わりゆく妻をどのように見ているんでしょうね。

ヒッピーマインドに

「品があって、育ちの良さがにじみていた友人がヒッピーっぽい旦那さんと結婚して大変身。電気もガスも通っていないような場所で自給自足みたいな生活をしている。
一年に一度、高校時代の仲良しだった女子グループでの集まりのときには必ず顔は出しにくるものの、女子会のお店には合わないようなかなり変わったファッションで登場。
手土産に彼女手作りのパワーストーンで作ったアクセサリーとか、野菜の干し物とかくれるんですけど、正直あんまりありがたくなくて困ってしまっています」(30歳・Tさん)

▽ これまで自分の知らなかった生き方に感動して、その喜びをシェアしたいと思っているんでしょうね。

結婚は人を良い意味でも悪い意味でも変えるもの。みなさんのまわりにも結婚してからキャラが変わってしまった人っていませんか?

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。