女性への固定観念が強い!?「だからこの人モテないんだな」と思った男性の言動

2020.10.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

一見すると彼女がいてもおかしくないのに、なぜか異性から不評な男性っていますよね。最初はイマイチ理解できなかったものの、彼と接しているうちに「たしかに付き合いたくないかも……」と納得することもあります。
そこで今回は「『この人、だからモテないんだな』と思った男性の言動」についてご紹介します。

悪ノリしすぎる

「合コンや飲み会でしつこく下ネタを振ってきたり、お酒を強要してくる男性。どんなにイケメンでも嫌ですね。飲み会終了後、女子は大体『あの人はないよね』って言っています」(20代/販売)

▽ 言葉を濁しているにもかかわらず何度も追及されると困るもの。「空気を読んでほしいんだけど……」と思います。一方で、困惑した様子を瞬時に察知しフォローを入れてくれる男性もいますよね。後者はやっぱりモテるし、女性も「あのときはありがとうございました」と連絡しやすいもの。関係が発展するのも納得でしょう。

バレるウソをつく

「身長や年齢でサバを読んだりと、明らかにバレるウソをつく人。それでいてこちらが指摘すると開き直ったりするじゃないですか。そのほかはいい人だったとしても、交際はないなって思います」(20代/サービス業)

▽ ウソをつくほうが何倍も印象が悪いのに、自分をよく見せることを優先する男性もいます。「この人は付き合ってもウソをつくんだろうな」と、何も信用できなくなるもの。逆にコンプレックスさえ強みに変える人もいます。こればかりは人間性の問題なのかもしれませんね。

他人のアプローチを鼻で笑う

「Aくんが片思い中の子に、旅行先のお土産を渡したり髪型を褒めたりと、一生懸命アプローチしていたんです。そしたらとある男性が『俺、女にそんなことできないわー』と嫌味を言いだした。その瞬間『あぁ、だからこの人モテないんだな』と思いました」(20代/一般事務)

▽ 好きな子に優しい男性と、いつも上から目線で非難ばかりの男性、どちらがモテるかは明白です。当たって砕ける勇気すらないのに、他人をバカにする権利はありませんよね。それに一生懸命な人は応援したくなるもの。彼のいい噂が流れれば、より恋愛もうまくいきやすいでしょう。

女性への固定観念が強い

「街コンで知り合った男性。モテそうだと思ったのですが、トークタイムのときに『家事はできますか?』『得意料理はなんですか?』と質問攻めにあって萎えた。どうやらほかの女性にも同じことを聞いていたみたいで、内心『そりゃみんなイヤだよな……』と思ってしまった」(30代/IT)

▽ 「家事は女性がやって当たり前」との固定観念が強いと、結婚したら大変そうだと察するもの。それでいて共働きを求められたら、「体が何個あっても足りないな」と思います。不利な条件が多すぎて、彼と交際する理由が見当たらないかも……。

2020.10.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介