どうしてずっとラブラブでいられるの? そのカップルがやっていること

2020.10.09

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

お付き合いをしていると、倦怠期が訪れるとよく言われています。飽きてしまったり、目移りしてしまったり、さらに高望みしてしまったりと理由はさまざまですが、倦怠期がないのではないか? とつい思ってしまうカップルっていますよね。
今回は、そんなラブラブカップルの特徴を4つ挙げたいと思います!

1. 期待しすぎていない

恋人にはいろいろと期待したくなるものです。自分好みでいて欲しい・理想通りでいて欲しいと思ってしまいがちですが、自分好み、理想通りでいて欲しいというのは相手に少なからず負担がかかるものです。期待されて自分の見た目や性格を恋人好みに変えなくちゃいけない、となると少し疲れちゃいますよね。
ラブラブカップルは相手に期待しすぎていません。むしろ、想像もしていないことが起きることを楽しんでいます。それも含め好きと思えるのが1番いいのではないでしょうか?

2. 連絡の頻度が少なくても怒らない

付き合いたてのカップルや恋人が大好きすぎるカップルは連絡の頻度も多く、おはようからおやすみまで内容のぎっしり詰まった連絡をしている傾向にあります。でも、実はそれって負担になっているかもしれません。連絡の頻度が多いと、それだけ相手に時間を割いているということにもなります。
愛の証とも思えますが、日中は仕事をしていたり、バイトしていたり、学生なら授業と人の予定はさまざまです。休み時間のたびに返すっていうのも友人や同僚、上司といると難しいこともあります。そういったとき、「忙しいんだな」や「頑張っているんだな」と思えるのは自分にも余裕がある証拠です。自分に余裕があると、相手をいつも以上に思いやれて仲の深まるカップルになれるかもしれませんよ!

3. 自分の時間を持っている

どこに行くにもなにをするにも恋人と一緒にいるのは案外疲れるものです。自分の好きなことをしないで恋人といるということですから、かなりストレスもたまります。自分の時間を持つということは、付き合う以前の自分でもいるということでもあるので、伸び伸びとした自分というのも魅力的ではないでしょうか。
少なくとも、ストレスが溜まって疲れた表情をしていたり、イライラしていたりして八つ当たりをするよりかはいいと思います。ストレスフリーなときにこそ恋人の好きなポイントがもっと見つかるものです。

4. お互いをよく知っている

相手の好きな食べ物はもちろん、好きな歌手、好きなこと、ものを知っているというのは相手を思いやれる武器です。相手の好きなものを知ろうと質問されて嫌な人はいません。むしろ、うれしく思う人が多いのではないでしょうか。2人の共通点を見つけるという意味でもお互いを知ることは大切です。
嫌いなものは避けますし、好きなものはとことん好き、大切なことだと思います。恥ずかしいと思っていることも、ずっと恥ずかしがっているとストレスになるでしょう。最初は緊張するかもしれませんが、少しずつそういった部分も開示することで相手との距離も縮まっていきます。これが自分を受け止めてもらう、相手を受け止めるということです。

あくまでこれは例ですが、人は十人十色です。なんでもありです。自分たちらしく伸び伸びとすることが大切! 他人から見たらおかしいと思われても、自分たちがいいと思えばそれでいいのです。自分たちの気持ちを1番大事にしましょう!

2020.10.09

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by あんな

みぬい

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介