こんな人だったなんてショック…! 旦那さんにガッカリしたこと Googirlアンケート調査

2020.10.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

「好きだから結婚したけど、まさかこんな人だったなんて……!」と、旦那さんにガッカリしたことはありますか? 今回は既婚のGoogirl読者のみなさんにアンケートを実施しました。旦那さまに不満がある人は、これだけいるようです!

旦那さんにガッカリしたことはありますか?

ある…18名
ない…2名

▽ ほとんどの人がガッカリした経験があるようですね。一体どんなことがあったのか、みなさんのエピソードを見ていきましょう!

気前がよすぎて…

「元旦那。付き合っていた頃はデート代を全部出してくれて気前がいいなんて思っていたけど、いざ結婚してみたら誰に対してもお金を出しちゃう人だった。気がついたら家計は火の車でした」(40 – 49歳・会社員)

▽ 何でも奢ってくれる男性ってステキですが、それは付き合っているとき限定。結婚して現実が見えてくると「気前のよさ」がどれだけ恐ろしいことか実感するのです……。

悪いところは…

「だらしないところはいつまでたっても何度注意しても直らない」(35 – 39歳・会社員)

▽ 「ケンカになったとき『ちゃんと直すから』と言っても結局直らないんですよね。早めに諦めたほうがガッカリせずに済むのかも……。

小学生の息子?

「彼の純粋なところが好きで結婚しました。今でも裏表がなくピュアで可愛いんですけど、特撮のフィギュアやらおもちゃを集めては部屋を散らかし、夜遅くまでゲームで遊んで一緒に寝てくれなかったり……。まだ子どもはいませんが、すでに小学生の息子がいる気分です(笑)」(25 – 29歳・会社員)

▽ 趣味に没頭した男性ってみんなどこか子どもっぽいもの。周りが見えなくなるほどのめり込んでしまうんですよね。

借金

「150万くらいの借金があった」(25 – 29歳・専業主婦)

▽ 借金を知らずに結婚してしまった人も……。事情にもよりますが、金銭感覚がしっかりしていないと、結婚生活はかなりハードモードになります!

クリスマスに実家

「クリスマスに姑から『うちに来たら?』ってお誘いの電話が。しかし、誘われたのは夫だけだった……。『俺ちょっと実家に行ってくる!』って、いそいそと出かけていきました」(50歳~・その他)

▽「お義母さん、私は誘ってくれないんだ……」と地味にダメージを受けているなか、容赦なく奥さんを置いて実家に帰る旦那さん……。クリスマスに奥さんを一人残して何も思わないなんて、似た者親子だなと冷めてしまいます。

妻を仮病扱い

「私の体調が悪いと不機嫌になる。40度の熱を出していても、夕飯の支度や家事をさせられ、旦那は不機嫌そうにため息をつきながらソファーから1歩も動かない。
後日『仮病で大袈裟だと思った。本当に熱あったんだ?』と言われた。体温計も見せているのに仮病が前提ってあります?」(40 – 49歳・フリーター・アルバイト)

▽ 40度の熱がある奥さんを働かせたあげく、仮病だなんて……! 同じことを自分がされたらどう思うのでしょうね。

ごめんの一言がない

「冷凍庫に缶ビールを入れて冷やしてから飲む習慣がある夫。入れっぱなしで飲まずに寝てしまった日の翌朝、凍ってしまったビールが膨張して缶が破裂した。冷凍庫の中がビールまみれに……。それを報告しても『帰ったら掃除します』だけで、ごめんの一言がない」(35 – 39歳・専業主婦)

▽ 「ごめん」の言葉がないと怒りっておさまらないですよね。旦那さんが帰ってくるまで冷凍庫をビールだらけで放置するわけにもいかないし。

忘れっぽいし妻のお菓子を…

「『明日○○してね』『仕事帰りに○○買ってきて!』とお願いしても大体忘れている。あと、私が仕事終わりに食べようと楽しみにしていたお菓子をすぐ食べちゃう」(20 – 24歳・フリーター・アルバイト)

▽ たまにならいいけど、毎回だとさすがに腹がたってきます……。

子ども用プールを独占

「家族で外出すると子どもそっちのけで一人で夢中になり、私は2歳の息子と3歳の娘を一人で必死に面倒を見ています。家で子ども用プールを出したときも、子どもたちをすみっこに追いやって、ビール片手に無理矢理子ども用プールに寝そべっていてガッカリしました」(25 – 29歳・その他)

▽ 子どもを楽しませるどころか、自分だけが楽しむ旦那さん……。「私ってシングルマザーだっけ?」と錯覚しそうです。

ガッカリどころか幻滅してしまいそうなエピソードも多く集まりました。結婚生活って甘いだけじゃないですよね。不満を伝えたとき、旦那さんがどう対応するかで、今後の結婚生活が続いていくか決まりそうです……! 世の旦那さま、もう少し奥さまの気持ちに寄りそってくださいね!

2020.10.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

原桃子

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介